イプスイッチ社について

イプスイッチ社は、実用的で効率的な高品質のITソフトウェアを提供することを目指して設立されました。世界じゅうの様々な規模の組織のネットワーク管理者やIT技術ユーザーの実務を効率的に支援する実用的なソリューションを開発しています。

Ipswitch Japan 株式会社について

Ipswitch Japan 株式会社の概要は以下の通りです。

創立 2007年5月30日
代表者 ウィリアム・アトリッジ
住所 東京都港区南麻布4-11-22 南麻布T&Fビル8F
事業内容 ネットワーク監視ソフトウェア、ファイル共有・転送ソフトウェア等の販売およびサポート

>

イプスイッチ社の企業理念

1. 使いやすく、安全で、必要な機能を備えた高い技術レベルの製品を提供する。

2. IT環境の管理を効率的に改善できるソリューションを提供する。

3. 中小企業でも、大企業でも、導入しやすい製品を提供する。

4. パートナーとの友好的な協業により、互いに成長する。

5. Ipswitchコミュニティを通して経験、知恵、情報を共有し、より良いIT環境に貢献する。

1991年の創立以来の「できる限り良質なITソフトウェアを作成し、実用的なものにする」というミッションのもと、複雑過ぎて習得するのが難しくコストがかかり過ぎる大規模ソフトウェア会社の製品に替わる、高品質の革新的ITソフトウェアを、世界中の組織に提供しています。

四半世紀の歩み

イプスイッチの歴史

イプスイッチ社は、実用的で効率的な高品質のITソフトウェアを提供することを目指して、1991年に設立されました。当初は、当時の複雑過ぎる大企業向けソフトウェアを購入する予算がなく、使いこなすための時間やリソースもない中小企業に高品質のITソフトウェアを提供することが大きな目標でした。

1990年代初頭に、Catipult(NetWareからTCP/IPへのゲートウェイ)、Piper/IP(DOS用の最小、最速で信頼性の高いTCP/IPスタック)、Vantage/IP(OS/2用の最高速で信頼性の高いTCP/IPスタック)、Acadia/VxD(Windows用の最小、最速で信頼性の高いTCP/IPスタック)など、一連のTCP/IPゲートウェイとプロトコル・スタック製品が開発されました。1990年代半ばから後半にかけて、WS_FTP製品、IMail Server、WhatsUp (後に WhatsUp Gold に改名) が次々にリリースされました。その後、2008年に Standard Networks を統合して MOVEit が製品ファミリーに加わりました。2009年の Hourglass Technologies、2010年の Dorian Software Creations の統合や、地道な開発努力によって、WhatsUp Gold、MOVEit、WS_FTP、IMail Server の製品ファミリーの機能が拡張され、広範な分野をカバーできるようになりました。産業アナリスト、報道機関、審査機関などから高い評価を得て、数々の賞を受賞しています。

イプスイッチ社の中小企業を対象とした製品が受け入れられ始めたころ、大企業のIT部門にも、予算の縮小、時間の短縮、リソースの削減、対処すべきことの増加、新しいテクノロジーの速やかな習得と導入という、中小企業と同様の課題が課せられ始めました。イプスイッチ社のソフトウェアは、中小企業のために、評価、購入、インストール、学習、使用、サポート、およびメンテナンスが容易でなければならず、その特徴は大企業のIT部門にも好ましいものとして受け入れられています。イプスイッチの製品は、今日では、中小企業に限らず、世界じゅうの様々な規模と分野のお客様、ますます複雑化するIT環境で効率的・効果的に業務を遂行するためのソリューションを必要とする多くの組織で、広くご利用いただいています。

[ We are Ipswitch! - ビデオ ]