3 12 2019

イプスイッチの MOVEit が2019年マネージド・ファイル・トランスファー データ・クオドラント賞を受賞

Software Reviews が、イプスイッチの MOVEit をデータ・クオドラントのゴールド・メダリストに選出

マサチューセッツ州バーリントン – 2019年3月12日 – セキュアなファイル転送とネットワーク監視を提供するソフトウェア会社であるイプスイッチ(日本法人:Ipswitch Japan 株式会社、東京都港区、代表者ウィリアム・アトリッジ)は、2019年マネージド・ファイル・トランスファー(MFT) データ・クオドラント賞を受賞しました。世界規模のリサーチ・アドバイザリー企業、Info-Tech Research Group Inc. の部門である Software Reviews が、マネージド・ファイル・トランスファー・ソフトウェアの MOVEit® を、データ・クオドラントのゴールド・メダリストに選出しました。ソフトウェアカテゴリでのゴールド・メダルは、ベンダーの能力、製品の機能、推奨される可能性、エクスペリエンスの4つの評価分野で高いユーザー満足度を獲得したベンダーに与えられます。

「MOVEit は、セキュリティ、追跡可能性、重要な機密ファイル転送アクティビティのコントロールのために、世界中の多くの企業でご利用いただいていますが、ユーザーの方々から高い評価をいただいて大変光栄です。」と、イプスイッチの Kevin Conklin 製品マーケティング&コンテンツ担当副社長は述べています。「マネージド・ファイル・トランスファー・ソリューションに必要な機能セットを提供し、業界をリードするよう今後も努力し続けていきます。」

Software Reviews のデータ・クオドラント賞は、専門的な知識があるユーザーからのフィードバックに基づいています。詳細なオンライン調査を行い、ITリーダー、ビジネスのプロ、エンドユーザーから、1)製品の機能と満足度、2)ベンダーの能力とエクスペリエンス、の2つのクライテリアで相対的なパフォーマンスを評価しました。

IT部門は、MOVEit を使用して、中核となる業務プロセスの信頼性を確保し、パートナー、顧客、ユーザー、システムとの間の機密データのセキュアでコンプライアントな転送を行います。外部と共有するファイルに機密データが含まれる場合は、特にセキュリティ強化が必要なため、MOVEit 2018 では、セキュアなファイル共有機能をサポートし、データセキュリティ、可視性と監査証跡を保証する安全なコラボレーションを支援します。

Software Reviews は、エンタープライズソフトウェアの全体像とクライアントとベンダーの関係に関する詳しい専門的な情報を提供します。Software Reviews のデータ・クオドラント賞は、テクノロジー市場でユーザーから評価された優れたベンダーに、毎年授与されます。ベンダー評価全体は、詳細なソフトウェア評価レポートを介して入手できます。詳細は以下のホームページをご覧ください。https://www.softwarereviews.com

MOVEit の詳細につきましては、https://jp.ipswitch.com/moveit をご覧ください。

 

*****

イプスイッチについて
イプスイッチは、ネットワークでつながった世界を、より安全にデータ共有できる世界にすることを目指します。中小企業でも大企業でも利用できる、安全なデータ共有と高性能インフラストラクチャを保証するソフトウェアソリューションを開発しています。当社の効率的で使いやすい製品は迅速に導入でき、生産性が向上するので、ビジネス上の種々の要求により早く対応できるようになります。
本社はアメリカのマサチューセッツ州バーリントンにあり、世界中の多くのお客様に、MOVEit®、WhatsUp® Gold、WS_FTP® の各種製品を提供しています。
より詳細な情報につきましては、ホームページ、https://jp.ipswitch.com をご覧ください。