5 09 2017

イプスイッチ社がHIMSS Asia Pacificのダイヤモンド・コーポレート・メンバーに

イプスイッチ社が、医療データ保護をサポートする企業として認められ、医療情報管理システム学会(Healthcare Information and Management Systems Society、HIMSS)アジア・太平洋地域のダイヤモンド・コーポレート・メンバーになりました

シンガポール - 2017年5月9日 – 使いやすいファイル転送およびネットワーク管理ソフトウェアを提供しているイプスイッチ社は、HIMSS Asia Pacific (医療情報管理システム学会 アジア・太平洋地域)のダイヤモンド・コーポレートのメンバーになったと発表しました。医療IT分野の進歩を推進する、600を超えるHIMSSコーポレート・メンバー組織のグローバルコミュニティの一員として協力していくことになります。

イプスイッチの国際セールス担当上級副社長、アレサンドロ・ポッロは、「イプスイッチは、医療機関が医療プロセスでの安全性を高め、事業継続目標を達成するのに役立つ革新的なITソフトウェアを開発しています。 当社では、アジア太平洋地域の医療IT市場に関する知見を深め、HIMSSアジア太平洋地域がさらに発展するよう協力し、地域の急速な医療変革に貢献することを楽しみにしています。」と話します。

HIMSSコーポレート・メンバー組織は、HIMSSと協力して、積極的に変革を模索する業界関係者と知識を共有し、次のようなことに取り組みます。

  •   ・健康に関するITアジェンダに反映される公的政策に影響を与える
  •   ・業界や市場の動向を調査し、啓発する
  •   ・顧客、同業者、業界リーダーとの連携を深める

HIMSSアジア太平洋地域のエグゼクティブ・ディレクターであるサイモン・リン氏は、「イプスイッチ社が、HIMSSアジア太平洋地域のダイヤモンド・コーポレート・メンバーになったことを歓迎します。協力関係を深め、地域医療機関との間で活発な知識交換ができることを楽しみにしています。この地域には機会と課題がたくさんあります。HIMSSはこの地域で主導的役割を果たし、医療ITの進歩を推進し、医療分野全体の躍進に貢献したいと考えます。」と述べています。

法人会員の一員として、イプスイッチ社は2017年5月16日火曜日に、「医療業界における情報の保護」という無料のウェビナーを開催します。データ転送がHIPAAなどの規制に準拠していることを確認することは、しばしば困難で複雑な課題と見なされます。さらに、コンプライアンス違反に伴う罰則やその他のビジネスリスクが深刻な影響を与える可能性があります。このウェビナーでは、HIPAAおよびその他の規制への準拠を達成し、維持するために組織が克服しなければならない課題について説明します。また、患者データのセキュリティと、医療機関に課される要件を満たすために利用できる技術にも言及します。

ウェビナーの主なトピックは以下の通りです。

  •   ・医療情報セキュリティの法令遵守基準と法的考察
  •   ・セキュアなファイル転送ソリューションの役割と考慮事項
  •   ・情報セキュリティリスクに対処し、コントロールする強力なセキュリティ戦略

ウェビナーには、こちらから登録できます。