2 05 2019

イプスイッチがアジア太平洋地域への技術サポート時間を延長

イプスイッチがセキュアなファイル転送システム、MOVEit の技術サポート範囲をアジア太平洋地域に拡張

マサチューセッツ州バーリントン – 2019年2月5日 – セキュアなファイル転送とネットワーク監視を提供するソフトウェア会社であるイプスイッチ(日本法人:Ipswitch Japan 株式会社、東京都港区、代表者ウィリアム・アトリッジ)は、セキュアなファイル転送ソフトウェア、MOVEit® のアジア太平洋地域の技術サポート時間を延長しました。イプスイッチでは、昨年の5月に、ネットワーク監視ソフトウェアの WhatsUp® Gold の同地域での技術サポート時間を延長しており、今回のサポート時間拡張によって、世界のどこでも、24時間体制で(英語による)技術サポートが受けられる完全な「フォロー・ザ・サン」体制が、両製品グループに対して整いました。

「イプスイッチのIT管理ソリューションに対する需要は世界中で高まっており、特にアジア太平洋地域のお客様とパートナー会社への技術サポート時間を延長することで、高まるニーズに対応する姿勢を明確にしました。」と Julie Jenkins グローバル技術サポート担当副社長は話します。「充実した技術サポートで、お客様に高いレベルの満足を実感していただけることを目指しています。MOVEit のアジア太平洋地域への技術サポート時間を延長することが、この目標の達成に寄与することを期待しています。」

MOVEit は、重要なファイル転送アクティビティに対するセキュリティ、追跡可能性、およびコントロールを提供し、世界中の多くの組織で使用されています。詳細については、https://jp.ipswitch.com/moveit をご覧ください。

25年以上の経験を持つオーストラリアの主要ディストリビューターである  DNA Connect の創設者兼常務取締役の Munsoor Khan 氏は、次のように述べています。「イプスイッチの技術サポートは常に素晴らしかったのですが、今回の「フォロー・ザ・サン」体制で MOVEit のお客様とパートナーが、世界中のどこからでも、いつでも技術サポートを受けられるようになりました。」

イプスイッチの技術サポートは、有効なサービス・アグリーメントをお持ちのお客様、サブスクリプション購入のお客様、または保証の対象となるお客様にご利用いただけます。今回の拡張によって、技術サポートへの連絡方法が変わることはありません。技術サポートに関する詳細は、コミュニティの https://community.ipswitch.com/s/support をご参照ください。

*****
イプスイッチについて

イプスイッチは、ネットワークでつながった世界を、より安全にデータ共有できる世界にすることを目指します。中小企業でも大企業でも利用できる、安全なデータ共有と高性能インフラストラクチャを保証するソフトウェアソリューションを開発しています。当社の効率的で使いやすい製品は迅速に導入でき、生産性が向上するので、ビジネス上の種々の要求により早く対応できるようになります。
本社はアメリカのマサチューセッツ州バーリントンにあり、世界中の多くのお客様に、MOVEit®、WhatsUp® Gold、WS_FTP® の各種製品を提供しています。
より詳細な情報につきましては、ホームページ、https://jp.ipswitch.com をご覧ください。