10 27 2016

WhatsUp Gold が ネットワークワールド・アジアでリーダーズ・チョイス賞を受賞

WhatsUp Gold はネットワークテスト、監視、プロテクションのカテゴリで受賞しました

シンガポール、2016年10月28日 – イプスイッチ は、本日、ネットワークワールド・アジア2016 の「ネットワークテスト、監視、プロテクション」部門で、リーダーズ・チョイス/ライジング・スター賞を受賞したと発表しました。この賞は、イプスイッチのネットワークとアプリケーションの統合監視ソフトウェアである WhatsUp Gold に対して与えられました。このソフトウェアは、IT部門がネットワーク、サーバー、仮想マシン、アプリケーションを検出、視覚化、監視、トラブルシューティングする方法を刷新します。

この賞は、10月27日にシンガポールのMarriott Tang Plaza Hotelで行われた特別式典で発表されました。この賞は、ネットワークワールド・アジア誌の読者と、Network Asia、Security Asia、Storage Asiaのオンラインポータルの読者からの投票をもとに決定されました。2016年にアジアのエンドユーザー組織に最も影響を与えたベンダーやサービスプロバイダーなど、広範な分野の300人近くの読者が投票しました。

「エンタープライズ・モビリティ、相互接続、モノのインターネット、ビッグデータなどのトレンドが地域の企業に影響を与えるようになるのにともなって、企業のネットワークやアプリケーションを視覚的に監視、トラブルシューティング、保護する必要性は非常に重要になっています」と、ネットワークワールド・アジアの編集長、かつ Questex Asia のエンタープライズ・グループの編集ディレクターである Victor Ng 氏は述べます。「WhatsUp Gold のようなソリューションは、ネットワーク・インフラストラクチャ、業務アプリケーション、情報が利用可能でありかつ保護されているようにする責任のあるIT担当者に、大いなる安心感をもたらします。」

2016年7月に発売された最新バージョンである WhatsUp Gold 2017は、ネットワーク全体の包括的かつインタラクティブなビューを提供する柔軟性の高い単一のソフトウェアソリューションであり、IT部門が直面する今日のハイブリッド環境の複雑さを軽減します。WhatsUp Gold 2017は、高度な視覚化技術によってIT環境を検出、視覚化し、インタラクティブにやりとりすることができます。柔軟な単一のソフトウェアライセンスでIT環境全体を監視することが可能です。