10 25 2018

イプスイッチが NetworkWorld Asia 2018 リーダーズ・チョイス優良プロダクト賞を受賞

イプスイッチの WhatsUp Gold ネットワーク監視ソリューションは3年連続で NetworkWorld Asia の読者から栄誉を獲得しました。

マサチューセッツ州バーリントン – 2018年10月25日 – 定評のある使いやすいネットワーク監視システムを提供しているイプスイッチ(日本法人:Ipswitch Japan 株式会社、東京都港区、代表者ウィリアム・アトリッジ)は、NetworkWorld Asia 2018 リーダーズ・チョイス優良プロダクト賞を受賞しました。WhatsUp® Gold ネットワーク監視ソリューションは、ネットワークテスト、監視と保護、企業ネットワークの監視とテストを行うツールとサービス、問題のトラブルシューティング、ネットワークインフラストラクチャの完全性保護に関して評価されました。イプスイッチは、10月25日木曜日、シンガポールで開催されたこの賞の第13回年次イベントで表彰されました。

現代は、デジタル変換の時代であり、企業のテクノロジー環境は急速に変化しています。急進する企業ニーズには機敏性と応答性が不可欠で、技術ベンダーとサービスプロバイダは、技術動向や企業ユーザーの要求に迅速に対応する必要があります。リーダーズ・チョイス優良プロダクト賞は、NetworkWorld Asia、Asia Cloud Forum、Security Asia、Storage Asia の有資格読者からの投票に基づいて、2018年にアジアのエンドユーザー組織に最も大きな影響を及ぼしたソリューション提供会社を表彰しました。

WhatsUp Gold を使用すると、クラウドでもオンプレミスでも、ネットワークデバイス、サーバー、ストレージ、ワイヤレスのアップ/ダウン状況やパフォーマンス情報を一目で把握できます。ネットワークトラフィック、アプリケーション、仮想環境、デバイス設定などのプロアクティブな監視機能も、インタラクティブなネットワーク・マップと使いやすいダッシュボードの直感的なインタフェースに統合されます。

2018年の3月にリリースされた WhatsUp Gold 2018 には、シスコの Meraki クラウドベースの無線ネットワーク管理のサポート、Amazon Web Services (AWS) と Microsoft Azure クラウド環境のパフォーマンス監視、Meraki クラウド・ベースの無線ネットワーク管理、Dell Compellent ストレージデバイスの監視などを含め、多くの強化が加えられました。詳細については、https://jp.ipswitch.com/network-monitoring をご参照ください。

リーダーズ・チョイス賞に関する詳細は、https://www.networksasia.net/reader-choice-awards/2018/ をご覧ください。

*****


イプスイッチについて
イプスイッチは、IT管理者のためのファイル転送およびネットワーク監視ソフトウェアを製造販売しています。1991年に創立され、中小企業から大企業まで様々な規模の24,300以上のお客様を通じて、延べ170カ国、100万人以上のエンドユーザーの方々にご利用いただいています。イプスイッチのソリューションには、ネットワーク監視の WhatsUp® Gold、セキュアなファイル転送の MOVEit® および WS_FTP® が含まれています。イプスイッチのオンライン・コミュニティは、115,000人以上のメンバーを擁しています。お客様の多様なニーズに応えるため、オンプレミス環境、ハイブリッド・パブリック・プライベートクラウド環境のいずれもサポートし、ライセンス方式も、永久ライセンス、サブスクリプション・ライセンスの選択肢があります。イプスイッチのソリューションは、様々なデータ・セキュリティ要件を満たし、PCI、HIPAA、GDPRなど、各種制約に対応可能です。
 
イプスイッチは、米国マサチューセッツ州に本拠地を置き、米国各地、ヨーロッパ、アジア、中南米に拠点があります。詳細については、ホームページ https://jp.ipswitch.com/ をご覧ください。日本語のフェイスブック https://www.facebook.com/ipswitchjapan/ をご参照ください。また Cisco Preferred Solution Partner については、https://jp.ipswitch.com/partners/strategic-partners をご参照ください。