4 10 2018

イプスイッチ社がセキュアなファイル転送ソフトウェアの最新バージョン、MOVEit 2018 のリリースを発表

MOVEit 2018 は、新しいセキュアなコラボレーション機能や向上した相互運用性などで大きく強化されました

マサチューセッツ州バーリントン – 2018年4月10日 – セキュアなファイル転送とネットワーク監視を提供するソフトウェア会社であるイプスイッチは、本日、メジャーリリースである MOVEit® 2018 のリリースを発表しました。

MOVEit は、運用上の信頼性、ガバナンス、規制コンプライアンス(GDPR など)のために必要な、セキュリティ、集中管理型アクセスコントロール、ファイル暗号化、アクティビティ追跡などの機能を提供する MOVEit Transfer と、スクリプティングを必要とせずに高度なワークフロー自動化機能を提供する MOVEit Automation を二本柱としています。今回リリースされた最新版、MOVEit 2018、は、新しいコラボレーション機能と優れた相互運用性を特長としています。

MOVEit 2018 は、MOVEit Transfer と MOVEit Automation に関するインバウンド REST API、MOVEit Automation に関するアウトバウンド PowerShell サポート、Amazon S3 (Simple Storage Service) のサポート、で相互運用性が強化されました。

また、MOVEit 2018 に追加されたセキュアなフォルダ共有は、エンドユーザーが機密性の高いデータを侵害されるリスクを低減し、外部との安全なコラボレーションを可能にします。フォルダ使用者のアクセス許可を管理するためのシンプルなユーザー・インタフェースが用意されたセキュアなフォルダ共有は、クラウドベースのファイル共有システム、EFSS システム、電子メールを利用する「シャドーIT」インプリメンテーションに伴う機密データの不正開示の可能性を低減する、シンプルで安全で費用対効果の高い方法です。

無料試用版へのリンクを含む詳細については、https://jp.ipswitch.com/moveit をご覧ください。

*****

イプスイッチについて
イプスイッチのIT管理ソフトウェアは、複雑化するIT環境を中断させることなく運用するという重責を担うIT部門に、業務トランザクション、アプリケーション、インフラストラクチャを高い安全性でコントロールするためのツールを提供します。高機能で柔軟性に富み、使いやすいソフトウェアです。クラウド、仮想環境、ネットワーク環境での途切れないパフォーマンスでIT部門を支援します。マサチューセッツ州の本社のほか、米国各地、ヨーロッパ、アジア、中南米に拠点があります。詳しくはホームページ https://jp.ipswitch.com/ をご覧ください。