automating

医療・介護サービス提供機関も請求と支払いが生命線

提供した医療・介護サービスに対して、きちんと請求処理がなされる必要があります。提供されたサービスに対して正当な支払いを受けることで、組織は運用コストをカバーし、患者ケアサービスを改善することができます。医療関係のIT部門は、経理プロセスを可能な限りスムーズに、信頼性高く、効率的に保つことを求められます。

請求および支払い処理の自動化

医療・介護サービス機関のIT部門は、健康保険申告書フォーム-837と支払い及び送金通知フォーム-835などを安全に保護しながら送受信する責任があります。支払い機関が、迅速な対応のためのインセンティブSLAを提供する場合もあります。経理部門や経営陣は、請求や支払い処理が迅速かつ効率的に行われることを望んでいます。

MOVEit を使用しない場合、FTP サーバーとスクリプトを使って経理プロセスを実行することになりますが、以下のような課題があります。

  • スクリプト作成には時間がかかり、メンテナンスのコストが上昇
  • ワークフローが規制コンプライアンスを満たしていることを保証するのが困難
  • 転送プロセスが成功したかどうかの視覚的な確認ができない
  • 古いスクリプトの作成者がいなくなったら、セキュリティ上の脅威につながる

共通の管理環境を持たない、異なる FTP サーバーを使ってファイル転送プロセスを実行すると、問題は複雑になります。MOVEit を使うと、すべてのファイル転送のニーズを満たす、完全な管理性、アクセス・コントロール、可視性を備えた単一のシステムに統合することができます。

IT ワークロードの合理化

MOVEit Automationは、極めてユーザーフレンドリーなワークフローとタスク開発システムを提供します。異なる FTP サーバーの様々なスクリプトを1ヶ所から管理できます。もっと良い方法として、これらのスクリプトを置き換えることもできます。そうすれば高度なプログラミング・スキルがなくても管理でき、規制要件が変わった場合も適切に対処できます。プログラミングやタスク管理に費やす時間が少なくなり、IT ワークフローを合理化できます。

セキュリティとコンプライアンスの確保

MOVEit Transferは、転送中・保管中データの暗号化、組織のセキュリティおよび認証インフラストラクチャとの統合を提供し、物理的・環境的なセキュリティ要件も満たします。社内外のSLAおよびデータ保護規制への準拠を保証する多くの機能を提供します。当社の SaaS 製品である MOVEit Cloud は、当社のオンプレミス製品と同じ技術に基づいており、HIPAA と PCI の両方に完全に準拠すると認定されています。

MOVEit は、アメリカ国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology、NIST)から FIPS 140-2 認定を受けています。

FIPS 認定済みとは
MOVEit マネージド・ファイル・トランスファー