MOVEit® 2019

よくある質問

Q: MOVEit 2019 とは何ですか?

MOVEit 2019 は、マネージド・ファイル・トランスファー(MFT)ソフトウェア、MOVEit Transfer と MOVEit Automation の最新リリース版の組み合わせです。より使いやすくし、より柔軟なセキュリティオプションを提供し、Microsoft Azure のようなクラウドサービスへの拡張をより簡単にするなどの多くの新機能が含まれています。

 

Q: MOVEit 2019.2 はいつから使用できますか?

MOVEit 2019.2 は、2019年10月24日から使用可能です。

 

Q: MOVEit 2019.2 の新機能は何ですか?

MOVEit 2019.2 では、以下のような強化が行われました。

  • MOVEit Transfer ファイルアップロードの機能向上 - ファイルアップロードエンジンが設計レベルで改善されました。ユーザーエクスペリエンスが向上するのに加え、セキュリティ機能も向上しました。
  • MOVEit Transfer に、より多くの REST API - API を介してシステムと MOVEit を統合するためのオプションが増えました。REST API で、電子メールアドレスやファイル/フォルダを移動したりコピーしたりできます。
  • MOVEit Automation での POP3 セキュリティ強化 - POP3 ホストに TLS オプションが追加され、より強力で柔軟なセキュリティを提供できるようになりました。

MOVEit Transfer、MOVEit Automation の両製品には、お客様から寄せられたご要望にお応えして、多くのセキュリティ面を含む改良が加えられています。詳細は、MOVEit Transfer 2019.2 リリースノート(日本語)、MOVEit Automation 2019.2 リリースノート(英語)をご参照ください。

また、これ以前の最近の MOVEit の新機能、機能向上の主要なものは以下の通りです。デモ・ビデオには、すべて日本語キャプションがついています。画面右下の [CC] をクリックして日本語キャプションを選択できます。

  • Azure Blob 暗号化のオプション - MOVEit Transfer の Azure Blob ストレージの暗号化に関して、冗長な二重の暗号化を行わないオプションが加わりました。Azure Blobのデータとトラフィックは自動的に暗号化されるので、パフォーマンスを低下させる二重暗号化を行わなくても、セキュリティ上の問題はありません。このオプション(2019.1 ではデフォルト)で、ファイル転送プロセスが大幅に高速化します。
  • 複数サーバーのサポート - Web 管理ユーザーは、別々のセッションで各サーバーに個別にログインしなくても、MOVEit Automationの新しいドロップダウンメニューを使って、単一のインタフェースから複数の Web 管理サーバーにアクセスできます。管理がより効率的になり、時間が節約できます。
  • グループへのアクセス権限設定 - MOVEit Automation に、リソースグループを定義するシンプルなインタフェースが追加されました。リソースグループに、ユーザーグループをリンクして、アクセス権限を設定、表示、管理できます。どのWindowsユーザーグループ、どのドメイン (AD) のユーザーグループでもサポートされ、ユーザーグループの管理が簡単になります。
  • MOVEit MuleSoft コネクタ - MuleSoft の iPaaS ソリューションでサポートされているアプリケーションとマネージド・ファイル・トランスファー機能の統合をサポートします。詳細ページへ
  • MOVEit Transfer Live View のダイナミックリンク - ワンクリックで詳細なファイル転送情報にアクセスでき、転送ジョブの内容やステータス、開始ユーザーなどをこれまで以上に簡単に確認できます。デモ・ビデオ
  • 詳細 Secure Folder Sharing 権限 - 共有者はフォルダ共有権限を詳細にコントロールできます。被共有者の必要性に応じて、各フォルダの表示、アップロード、ダウンロード、変更の権限を調整できます。 詳細ページ または デモ・ビデオ
  • MOVEit Client のユーザビリティ向上 - フォルダとサブフォルダ全体のアップロード、ダウンロード、削除のためのファイルとフォルダの複数選択、インラインの名前変更、フォルダ共有権限の表示などが可能になり、一般的なファイル管理ツールと同様のコントロールができるようになりました。デモ・ビデオ
  • 安全なパスワードリセット - オプションとして、事前に指定されたセキュリティの質問に答えることで、管理者のパスワードとユーザーのパスワードをリセットできます。 デモ・ビデオ
  • Microsoft Azure 対応の強化 - Azure Blob ストレージをネイティブにサポートします。MOVEit Automation でも Azure SQL データベースをサポートするようになりました。また、MOVEit Automation も Microsoft の Azure Marketplace で利用できるようになりました。これらによって、Microsoft Azure クラウドへの展開がより簡単になりました。
  • Simple Task と System Log Access - 最新の5つのタスクのログをダウンロードして表示する Task Log、Web管理インタフェースからシステムログを表示する System Log が追加されました。分析、トラブルシューティング、デバッグが容易になります。Task Log デモ、 System Log デモをご覧ください。

 

Q: MOVEit Cloud とは何ですか?

MOVEit Cloud は、イプスイッチによる MOVEit のサービスとしてのソフトウェア (Software as a Service、SaaS)実装です。これはイプスイッチが管理するクラウド・ベースのサービスであり、利用者は、MOVEit とそれが実行されるサーバーを取得、設定、運用、および保守する必要がなく、MOVEit が提供する機能を活用してファイル転送の要件を満たすことができます。

 

Q: 新しいオプションが追加されたのですか?

はい。MOVEit Cloud Dedicated が追加され、MOVEit マネージド・ファイル・トランスファー・ソフトウェアは、2種類の SaaS(Software as a Service)クラウド・サービスで利用可能になりました。

  • MOVEit Cloud - コンピューティングリソースが複数の異なる利用者によって共有されるホスト型環境。これは、MOVEit Transfer SaaS としてイプスイッチが数年間提供してきたサービスです。
  • MOVEit Cloud Dedicated - それぞれの利用者専用のコンピューティングリソースを備えたホスト型環境。これは、MOVEit Transfer と MOVEit Automation の両方をサポートする新しいサービスです。

 

Q: MOVEit Cloud Dedicated は、MOVEit Cloud とどう違うのですか?

MOVEit Cloud Dedicated は、既存のMOVEit Cloud ソリューションの上位バージョンとして、次のような特徴を有します。

  • 最大のパフォーマンス - すべてのハードウェアおよびソフトウェアリソースは、最大のスピードと容量を確実に利用できるように、各利用者専用になっています。
  • MOVEit Automation のサポート - MOVEit Automation は、MOVEit Cloud Dedicated を介した SaaS ソリューションとして利用可能です。
  • ファイル単位のAVまたはDLP - ユーザーは、転送中のファイルを監視するために独自のウイルス対策ツールまたはデータ損失防止ツールを管理できます。MOVEit Cloud は共有環境で展開されているので、この機能は利用できません。

MOVEit Cloud Dedicated は、柔軟なサブスクリプション料金設定、管理、保守とアップグレード、active-active 災害復旧(DR)など、MOVEit Cloud のすべての機能も提供します。

 

Q: MOVEit Cloud Dedicated の価格はどう設定されていますか?

MOVEit Cloud Dedicatedは、一社のお客様専用のクラウドリソースを提供するため、お客様独自の要件と Microsoft Azure データセンターのホスティングコストに基づいて個別に価格設定されます。価格見積もりについては、MOVEit 販売担当者までお問い合わせください。

 

Q: MOVEit Cloud Dedicated は、いつから利用可能ですか?

MOVEit Cloud Dedicated は、2019年6月6日から利用可能ですが、所在地によって状況が異なる場合がありますので、詳細は MOVEit 販売担当者(https://jp.ipswitch.com/forms/contact-sales/moveit)までお問い合わせください。

 

Q: Secure Folder Sharing とは何ですか?

セキュアなフォルダ共有により、MOVEit の管理者は、社内外のエンドユーザーに、簡単なドラッグ・アンド・ドロップ式のコラボレーション機能へのアクセスを与えることができます。インプリメントされた MOVEit に組み込まれているセキュリティとコンプライアンス対策のための機能のすべてが利用可能です。フォルダ使用者のアクセス許可を管理するためのシンプルなユーザー・インタフェースが用意されています。クラウドベースのファイル共有システム、EFSS システム、電子メールを利用する「シャドーIT」インプリメンテーションに伴う機密データの不正開示の可能性を低減する、シンプルで安全で費用対効果の高い方法です。MOVEit 2019 では、共有者はフォルダ共有権限をより詳細にコントロールできます。

 

Q: Secure Folder Sharing の価格体系はどのようになっていますか?

MOVEit Secure Folder Sharing は、MOVEit Transfer の追加製品として購入できます。ユーザー数無制限の単一フラット料金です。同等のエンタープライズクラスの共有ソリューションはユーザーごとに課金され、MOVEitのセキュリティ機能は含まれていません。詳細は担当部門にお問い合わせください。

 

Q: セキュアなフォルダ共有とエンタープライズファイル同期および共有(EFSS)ソリューションとではどのような違いがあるのですか?

下の比較表に示されるように、MOVEit Secure Folder Sharing は、EFSS よりも卓越したセキュリティ機能を備えています。

機能 セキュアなフォルダ共有 EFSS
使いやすさ
フォルダ共有の権限設定
無制限な数の内部および外部ユーザー
オンプレミス、クラウドの両方に対応
改ざん防止ログ
MOVEit の高度なセキュリティ
セキュアなファイルの安全でないデバイスへの同期

 

Q: 旧バージョンの MOVEit で Secure Folder Sharing を使用できますか?

いいえ、Secure Folder Sharing には MOVEit 2018 以降が必要です。

 

Q: MOVEit Client とは何ですか?

動的なユーザーインタフェースの無料デスクトップ・クライアントです。トレーニングや専門知識を必要とすることなく、ドラッグアンドドロップによって簡単にファイルを転送できます。Windows と MacOS プラットフォームをネイティブにサポートしています。MOVEit Client は MOVEit REST API をベースとしており、MOVEit のセキュアなファイル転送を実施できます。MOVEit Transfer のインタフェースから、またはイプスイッチのサイトから、無料でダウンロードできます。MOVEit 2019 で、フォルダとサブフォルダ全体のアップロード、ダウンロード、削除のためのファイルとフォルダの複数選択、インラインの名前変更、フォルダ共有権限の表示などが可能になり、より使いやすくなりました。

 

Q: 旧バージョンの MOVEit で MOVEit Client を使用できますか?

いいえ。MOVEit Client には MOVEit 2018 以降が必要です。

 

Q: MOVEit Transfer Live View とは何ですか?

MOVEit Transfer Live View は、進行中のファイル転送アクティビティ、最近完了したファイル転送アクティビティをリアルタイムで表示するダッシュボードです。これによって、IT管理者は、転送状況を一目で把握し、問題をより速やかに解決することができます。

 

Q: MOVEit Automation ダッシュボードとは何ですか?

最近のアクティビティと重要なシステムメトリクスを示すダッシュボードです。実行可能なデータを簡単に表示し、自動化されたタスクをスムーズに実行できます。

 

Q: サインオン時のポリシー同意とは何ですか?

コンプライアンスを確実にするために、管理者はサインオン時にすべてのユーザーにカスタマイズ可能なポリシーに同意するよう要求することができます。この同意書はチェックボックスを介して表示され、ポリシーに対するユーザーの同意は監査可能なログに記録されます。

 

Q: 旧バージョンの MOVEit から MOVEit 2019.2 に移行できますか?

はい。イプスイッチは、MOVEit バージョン 8.3 以降のアップグレードをサポートします。有効なサービスアグリーメント契約をお持ちのお客様は、イプスイッチのコミュニティからソフトウェアをダウンロードすることにより、無料でアップグレードすることができます。

 

Q: MOVEit 2019.2 にアップグレードするための技術サポートを受けることはできますか?

はい、技術サービスは多くの国でアップグレードのお手伝いをしています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

Q: MOVEit 2019.2 にアップグレードするには、有効なサービスアグリーメント契約を結ぶ必要がありますか?

はい、有効なサービスアグリーメント契約を結んでいるお客様だけが MOVEit 2019.2 にアップグレードできます。有効なサービスアグリーメント契約をお持ちでないお客様は、サービスアグリーメントの更新のために、弊社担当者までお問い合わせください。

 

Q: どういう場合に MOVEit 2019.2 に自動的にアップグレード可能になりますか?

有効なサービスアグリーメントをお持ちのすべてのお客様が、自動的に MOVEit 2019.2 へのアップグレードが可能になります。

 

Q: MOVEit 2019.2 を評価するにはどうすればいいですか?

弊社サイトの MOVEit ページから無料試用を開始できます。

 

Q: 最新バージョンをダウンロードするにはどうすればいいですか?

有効なサービスアグリーメントをお持ちのお客様は、コミュニティにログインして [My Products]ページから MOVEit 2019.2 をダウンロードできます。新しいお客様は、このページ下方の [MOVEit Transfer 試用版]、[MOVEit Automation 試用版] のボタンをクリックすれば、MOVEit 2019.2 の無料試用版をダウンロードいただけます。または、弊社担当者までお問い合わせください。

 

Q: サービスアグリーメントが期限切れになっていて、MOVEit 2019.2 にアップグレードしたい場合はどうすればいいですか?

サービスアグリーメント契約をしていただくと、最新のソフトウェア機能が入手できます。サービスアグリーメントの更新に関しては、シリアル番号を添えて技術サポートにお問い合わせください。

 

Q: MOVEit の詳細情報を知るにはどうすればいいですか?

MOVEit の詳細については、弊社サイトの MOVEit ページをご覧ください。

 

MOVEit 2019 を無料でお試しください