組織のニーズに合わせて選択可能な柔軟な導入オプション

予算、リソース、拡張性制限(インフラストラクチャ、人的リソースなど)などの条件を考慮して、ニーズに最も適した MOVEit Transfer 導入モデルを選択することができます。

>

MOVEit オンプレミス

オンプレミス導入

MOVEit オンプレミスでは、各組織のIT部門が MOVEit MFT ソリューションのインプリメンテーションと管理に関してすべてコントロールします。

IT部門は、既存のインフラストラクチャを活用します。業務継続性に対するニーズが高い場合は、災害復旧と高可用性設定でニーズを満たすことが可能です。MOVEit オンプレミスは、インターネットへのアクセスに制限があり、閉じたIT環境内で運用を行う必要がある場合に最適です。詳細ページへ

>

MOVEit オン Azure

Infrastructure as a Service (IaaS) として導入

MOVEit オン Azure は、パブリッククラウド環境で運用されるインフラストラクチャ・リソースを活用しながら、MOVEit MFT ソリューションを完全にコントロールするオプションです。

MOVEit オン Azure 導入により、MOVEit Transfer を簡単に試すことができます。Azure インフラストラクチャの使用料を支払うだけで、事前設定された MOVEit Transfer の30日間無料試用版を評価できます。多くの場合、30分程度で稼働開始できます。
詳細サイトへ

>

MOVEit Cloud

Software as a Service (SaaS) として導入

MOVEit Cloud は、ソフトウェアとインフラストラクチャの完全な管理を含むサービスとして MOVEit MFT ソリューションを提供します。安心できる、完備されたソリューションによって提供される、優れた品質のサービスをご享受いただけます。MOVEit Cloud は、稼働率 99.9% の信頼性の高いソリューションで、現在可能な唯一の、PCI、HIPAA、SOC2 認証済み MFT SaaS です。また、GDPR にも対応可能です。詳細ページへ

導入オプションをわかりやすくまとめたドキュメントをご参照ください。
MOVEit 導入オプションについてのご質問をお寄せください