MOVEit® Transfer の多層セキュリティ

Ipswitch Gateway は、MOVEit Transfer をセキュアなネットワーク(ファイアウォールで保護されたネットワーク)内に展開するためのDMZプロキシ機能を提供し、GDPR、HIPAA、PCI-DSS などのデータ保護規制の対象となりやすい高度なコンプライアンス要件を満たすことができます。

高度なセキュリティ要件を満たす

金融、保険、小売、政府機関のセキュリティ・コンプライアンス部門の多くが、厳しいデータ保護ポリシーを実装しています。データ保護制約には、インターネットと、機密データを含むファイル転送アクティビティにセキュリティ階層を追加することが含まれる場合もあります。これは、SEC、FINRA、FCAなどの監視機関や、GDPR、PCI、HIPAA、FISMA、DPA などの規制へのコンプライアンスを徹底させるためのベスト・プラクティスです。

機密データの保護

Ipswitch Gatewayは、パブリック・ネットワークからのインバウンド接続と内部の信頼できるネットワークの間のプロキシとして動作します。DMZネットワーク内にデプロイされ、MOVEit Transfer をファイアウォールの後ろの安全なネットワークの中で展開できるようにします。セキュリティで保護されたネットワーク接続リソース、機密データ、認証サービスのリスクを最小限に抑えて、ファイル転送アクティビティを多層セキュリティによって保護することができます。

MOVEit を無料でご試用ください

Ipswitch Gateway のデータシートをお読みください。