重要なアプリケーションの可用性とパフォーマンスを監視

アプリケーションパフォーマンス監視は、WhatsUp Gold の Total Plus エディションに含まれる機能です。
統合製品として、Premium、MSP、分散型の各エディションに追加することも可能です。

whatsup gold application performance monitor

商用アプリケーションの監視

すぐに使える組み込みアプリケーション・プロファイルを使用して、Linux システム、Apache webサーバー (LinuxベースまたはMicrosoftベース)、そして、Exchange、SharePoint®、Dynamics、Skype for Business®、SQL Server®、DNS、Internet Information Services (IIS)、Active Directory®、Hyper-V® などの Microsoft アプリケーションを監視できます。すべてのプロファイルは、アプリケーションをどのように監視するべきか、そしてアプリケーションや監視対象コンポーネントの状態が変化したときどのようなアクションを実行できるかを指定した Microsoft の監視のベストプラクティスに基づいています。ワンクリックの「コピーして編集」機能で、イプスイッチ認定のアプリケーション・プロファイルをカスタマイズすることもできます。

自社開発アプリケーションの監視

直感的に使いやすいプロファイル作成ユーティリティを使って、カスタム・アプリケーション・プロファイルを簡単に作成できるとともに、独自の監視ニーズに合わせて既存のプロファイルを変更することもできます。ターゲットのサーバーで利用できるすべてのサービスとプロセスを検出してメニュー表示します。詳細なパフォーマンス・メトリクスを監視するために、MIB ブラウザを使用して、何千もの SNMP オブジェクトと、何千もの Windows パフォーマンス・メトリクスを含む WMI ライブラリにアクセスできます。

エンドユーザーパフォーマンスを監視し、SLAを満たす

ユーザーが要求するレベルのパフォーマンスを提供し、上層部から課されたSLAを達成できます。エンドユーザーへの応答時間が遅くなったら早期警告を受けられます。イプスイッチの iMacros と iDrone 拡張ソフトウェアを使って、ネットワーク内のどこででも動作する監視スクリプトを作成し、エンドツーエンドの応答時間を測定します。

高度なアプリケーション状態監視

アプリケーション状態とSLAの計算方法について正確に把握して、ダウンでないものをダウンとカウントして間違ったSLA評価が出るようなことがないよう管理できます。複数のアプリケーション状態 - アップ、警戒、ダウン、メンテナンス中、不明 - を設定し、それぞれをしきい値で判別します。たとえば、使用率が80%になったら警戒状態、90%になったらダウン状態となるようしきい値を設定して、パフォーマンス問題に積極的に対応できるようにします。重要なアプリケーション・コンポーネントと重要でないアプリケーション・コンポーネントを定義して、コンポーネントのダウン状態がSLAに影響を及ぼすかどうかを識別します。IIS が SharePoint の監視対象コンポーネントであるといったコンポーネントやアプリケーション・レベルの依存関係を定義して監視し、依存関係に基づいて必要な警告だけを受け取ることができます。

whatsup gold alert center

アクション・ポリシーと警告設定

監視対象のコンポーネントまたはアプリケーションの状態が変化した場合に実行できる、多ステップのアクション・ポリシーを策定できます。アクション・ポリシーには、テキストまたは電子メールによる警告通知、ログファイルへのイベントの書き込み、アプリケーションサービスの再起動や PowerShell スクリプトの開始などの自己修復アクションを含めることができます。たとえば、アプリケーションがダウン状態になると、すぐにログエントリに書き込んで、5分後にシステムを再起動するアクション・スクリプトを起動し、その10分後に電子メール通知を送信するといったアクションパスを指定することができます。属性を定義して、アプリケーションやシステムに関する重要な設定情報を簡単に追跡することができます。電子メール警告通知でアプリケーションに関する重要な情報を渡すなど、アクション・ポリシーやコンポーネント設定にパーセント変数を活用できます。

警告とアクションに関するブラックアウト・ポリシーも指定できます。たとえば、あるアプリケーションに関して、ウィークデーの夜9時から朝6時までの間の警告は出さないようにするというような指定が述できます。

whatsup gold network traffic analysis

レポート機能

高機能で使いやすいアプリケーションパフォーマンス監視のダッシュボードを使って、アプリケーションのパフォーマンス問題の根本原因を速やかに解明し、今後のパフォーマンスに影響する傾向を把握すること ができます。

  • 現在の状況ダッシュボードから全アプリケーションの状態をチェックできます。必要に応じて、注目するアプリケーションをドリルダウン分析していきます。
  • ある期間にわたってアプリケーションのパフォーマンス問題を追跡し分析できる、状態の履歴レポートもあります。コンポーネント・レベルまでドリルダウンできるので、メモリ・リークやURIキャッシュ・ミスといった、診断が難しい断続的なパフォーマンス問題も解明できます。
  • コンポーネント・サマリー・ダッシュボードは、アプリケーションに関連するすべての監視コンポーネントを表示するもので、各アプリケーションまたはコンポーネントが特定の状態にあった時間の割合を詳細に示す棒グラフも あります。これを使って慢性的なパフォーマンス問題を検出できます。
  • 状態変化ログは、アプリケーションとコンポーネントレベルのすべての状態変化を集計、記録しますから、潜在的な問題を予測できます。
データシートはこちらからダウンロードできます。
WhatsUp Gold を無料でお試しください