包括的な自動検出

WhatsUp Goldは、コアルーターのブリッジテーブルのIPレンジスキャンまたはSNMPスマートスキャンから開始し、コア、Windows、ワイヤレス、仮想インフラストラクチャなどの詳細なマップを生成する、強力なレイヤ2/3検出機能を備えています。

検出の過程で、デバイスの種類、ベンダー、シリアル番号、ファームウェアとハードウェアの改訂版、デバイスにインストールされているモジュールなど、ネットワーク上のすべてのデバイスの完全なインベントリが生成されます。 サーバーやネットワーク・デバイスにインストールされたソフトウェアに関する自動生成レポートをインベントリ監査に使ったり、デバイスの保証期限が近づいたら警告を受け取ったりできます。

検出プロセスが完了すると、WhatsUp Goldは、収集するデータと可能な修正アクションを指定するデバイスロールを自動的に割り当てます。デバイスロール・エディタを使って、デフォルトのデバイスロールとサブロールを変更したり、デバイスロールを新規作成したりすることが簡単にできます。

依存関係も検出時に識別され、マップ上に矢印で表示されます。マウスを数回クリックして、依存関係データに応じて不必要な警告を抑制するように指定できます。警告の嵐を防ぎ、迅速なトラブルシューティングが可能になります。

WhatsUp Gold を無料でお試しください