帯域幅消費量とネットワークトラフィックを監視して分析

どのユーザー、アプリケーション、プロトコルが帯域幅を消費しているか、または疑わしいポートやIPアドレスに接続していないかについての詳細で実用的なデータを取得します。
これらをもとに帯域幅使用ポリシーを策定、実施したり、セキュリティ保護対策を行ったりできます。重要な業務アプリケーションやサービスに帯域幅が優先的に割り当てられるように設定できます。

whatsup gold traffic analysis dashboard

ネットワークトラフィック分析で可能になること

ネットワークトラフィックの可視化

アプリケーションの帯域幅消費量を把握することで、インフラストラクチャ、アプリケーション、サービス全体のパフォーマンスをより適切に管理できます。ボトルネックがどこなのかを特定し、有効な回避策を計画したり、根拠となる明確なデータにより必要と判断されれば帯域幅をアップグレードしたり、Torポートやその他の疑わしい接続へのトラフィックを監視したりできます。

帯域幅容量のプランニング

過去の帯域幅使用傾向を見ることができるので、先を見越した帯域幅容量のプランニングを進めることができます。どのアプリケーションが帯域幅を大量消費しているのかを確認できるので、必要な場合はアップグレードするなど、効果的な帯域幅管理を行うことができます。

速やかなトラブルシューティング

ネットワークのパフォーマンスが悪化したとき、どのトラフィックが帯域幅を消費していたかを確認できるので、速やかなトラブルシューティングが可能になります。何がいつどこで帯域幅を大量消費してボトルネック問題を起こすのか特定でき、帯域幅消費ポリシーの策定にもつなげられます。

 

概要ビデオ (日本語: 1分)

新しいデバイスカードの説明ビデオ (英語)

ネットワークトラフィック分析で何ができますか?

たとえば、以下のようなことが可能です。

  • 負荷がピークの時に実行されているバックアップやファイル転送タスクを検出
  • ストリーミングやゲームのような帯域幅を大量に消費しているアプリケーションを追跡
  • ダークウェブ(Tor)ポートや他の不審なトラフィックへの接続を検出
  • 帯域幅消費の不均衡をなくし、業務に重要なアクティビティに優先的に割り当てるよう見直す

WhatsUp Gold はどのプロトコルをサポートしますか?

ネットワークトラフィック分析モジュールは、ネットワーク上のどのようなフロー対応デバイスのトラフィックと帯域幅使用データでも収集できます。シスコの NetFlow、NetFlow-Lite、NSEL プロトコル、QUIC、J-Flow、sFlow、IPFIX をサポートします。Cisco CBQoS(Class Based Quality of Service)と NBAR(Network Based Application Recognition)のデータを収集して表示します。

レポートには何が含まれますか?

組み込みレポートには以下のような情報が含まれます。

  • 送信者、受信者、通話
  • 送信者と受信者のドメイン
  • 送信者と受信者の国
  • アプリケーションとプロトコル
  • インタフェースの入出トラフィック
  • インタフェースの入出量
  • ホストおよびグループ別帯域幅使用量
  • 疑わしいIPアドレスや Tor ポートとの接続

トラフィックの警告を受け取ることができますか?

ユーザー・アプリケーション・業務に悪影響が及ぶ前にネットワークトラフィックの問題に対処するために、しきい値ベースの警告を受信できます。送信者または受信者が帯域幅のしきい値を超えた場合、Tor ポートやその他の疑わしい接続が検出された場合、インタフェースのトラフィックが使用率のしきい値を超えた場合、または接続失敗数や会話相手の数がしきい値を超えた場合などに警告を受けるよう設定できます。

コスト削減はできますか?

毎月のISP帯域幅使用料金は高価です。WhatsUp Gold のネットワークトラフィック分析を使用すると、インターネット・トラフィックのソースと宛先、インターネット帯域幅を消費するアプリケーション、およびそれらのアプリケーションのユーザーを特定できます。そうすることで、業務に重要なアプリケーションが必要な帯域幅を確保できるようにするとともに、コストの見直しができます。

サービス品質に関してはどうですか?

NBAR(Network Based Application Recognition)上位アプリケーション・レポートには、シスコの NBAR 分類エンジンに従って、上位アプリケーションから発生したネットワークトラフィックが表示されます。CBQoS(クラス・ベースのサービス品質)レポートは、クラス・ベースのポリシーの有効性に関する情報を提供します。

技術者からの助言:

“WhatsUp Gold のネットワークトラフィック分析機能を使用して、送信者・受信者・インタフェースの使用量、接続失敗数、会話相手の数、YouTube や Spotify などの業務外のトラフィック、保護されたホストからの大量のトラフィックや疑わしいプロトコル(UDPなど)などの潜在的なセキュリティ脅威、といったしきい値を設定し、超過したら警告を受けるよう設定できます。”

Jim Cashman、製品管理部取締役

試してみる

無料試用版

試用版をダウンロード

問い合わせる

見積もり申請

見積もり申請フォーム

ネットワーク
トラフィック
分析
5つのパワー

ネットワークトラフィックのエックス線のような詳細ビジョン
帯域幅を消費するアプリケーションのポートレベルの分析、帯域幅を消費するポートごとのエンドポイント(「話し手」)、エンドポイントやアプリケーションによる継続的な帯域幅消費など、SNMP では不可能なことを、ネットフローデータを通して分析します。

インテリジェントな帯域幅使用分析
アプリケーションによる WAN 使用量を1ヶ月間自動追跡し、1ヶ月のコストが何に支払われているか分析し、経営陣に報告するのはどうでしょう?

全体的な視野でのネットワーク監視
仕事の合間にゲームやビデオのために少しでも貴重な帯域幅を使用したら、すべて監視されていると心配する人もいるでしょう。しかし、基本的には、権限のないアクティビティがエンドユーザーの応答時間に影響を及ぼすことを避けるのが目的です。

ネットワークの最適化
サービス品質を向上させられます。ネットワーク・フローレベルでトラフィック監視することで、アプリケーションの最適な優先順位付けが可能です。

サイバー攻撃へのアンテナ
デバイス接続失敗の急増など不審な状態を示唆する指標に関してしきい値を超えたら警告を出すよう設定します。送信がネットワーク外のいくつかのIPアドレスから発信されているのを確認できたら、攻撃者が成功する前に外部ポートスキャンをブロックできます。

お客様の声

“統合ダッシュボードは、これまで使用した中で最も優れたインターフェイスであり、間違いなくサービス、サーバー、アプリケーションの監視の未来を担う製品です。この製品に大変満足しています。”

Matt Cline氏、
上級システム管理者、
Optim Healthcare

“私は、ITが確実にフレキシ-バンの戦略的目標と目的に則して機能するようにする責任が有ります。WhatsUp Goldを使うことによって、私はそのミッション以上のことを果たせています。大いに推薦できます。”

James Mercer氏、
IT部門ディレクター、
Flexi-Van Leasing

“WhatsUp Goldは障害をチーム・メンバーに迅速に通知してくれるので、監視ステーションをスタッフが見張っている必要がありません。私たちはWhatsUp Goldに支配されることなく、WhatsUp Goldを管理できるのです。”

John Kholmorgan氏、
ネットワーク・サービス部門ディレクター、
Austin Independent School District

WhatsUp Gold ネットワークトラフィック分析のスクリーンショット
 

ネットワークトラフィック分析は、WhatsUp Gold Total Plus エディションに含まれる機能です。統合製品として、Premium、MSP、分散型の各エディションに追加することも可能です。

 

授与されたさまざまな賞

Winmag Editors Choice for Network Monitoring Winmag Editors Choice for Network Monitoring Network Monitoring Silver Award Preferred by Spiceworks Users for Network Monitoring Network World Asia Awardinformation management awards 2018

 
データシートはこちらからダウンロードできます。
ネットワーク全体を統括的にコントロール

WhatsUp Gold の無料試用版をダウンロード