仮想インフラストラクチャの検出

仮想環境監視は、ITインフラ全体 – ネットワーク、物理サーバー、アプリケーション – を把握した上で、仮想環境のパフォーマンスについてのリアルタイム情報と履歴情報をわかりやすく視覚化します。まず、ネットワーク上のVMware および Hyper-V のホストとゲスト、そしてクラスタを検出します。

仮想インフラストラクチャのマッピング

ホスト、ゲスト、ホスト/ゲスト関係、クラスタとリアルタイムのステータスを表示する Hyper-V および VMware インフラストラクチャの動的マップを自動生成します。マップ上の仮想リソースをクリックするだけで、ドリルダウンしてパフォーマンスデータを表示できます。

仮想インフラストラクチャの監視

VMware と Hyper-V をリアルタイムで監視して、すべての仮想ホストと属性のリストを最新状態に保ちます。ホストとゲストの CPU、メモリ、ディスク、インタフェース使用量などのリソース消費量、サーバーの可用性とパフォーマンスを監視し、移行状況をリアルタイムで追跡します。

仮想環境監視は毎分ポーリングするように自動的に設定されますが、ニーズに合わせてポーリング周期をカスタマイズすることが可能です。イベントログは、仮想デバイスから生成されたイベントを記録します。

仮想インフラストラクチャに関する警告

パフォーマンスに問題が生じた場合、それがユーザー、アプリケーション、ビジネスに悪影響を及ぼす前に検出して解決できるよう、仮想マシンのCPU、メモリ、ディスク、インタフェース使用量などに関するしきい値ベースの警告を受けられるよう設定できます。また、仮想マシンの状況、セキュリティ関連のイベント、vCenter がイベント・ログに書き込むイベントについて、警告を受けられるよう設定できます。

警告は、メール、SMS、ログファイルで送信され、IT環境全体にわたって警告を管理する単一のソースである WhatsUp Gold アラートセンターに統合されます。

 

仮想インフラストラクチャのレポート

組み込みレポートは、以下を含みます。

  • 仮想ホスト(ネットワーク上で検出されたすべてのホスト)
  • 仮想サーバー属性(VIMとAPIバージョン、CPUコアの数、パッケージとスレッド、仮想マシン、電源オン/オフ、一時停止かどうか)
  • 仮想マシンの現在のCPU、メモリ、ディスク、インタフェース使用量

仮想環境レポートは、カスタマイズされたITインフラ全体のエンドツーエンド・ダッシュボードに統合されます。IT管理者は、ITインフラストラクチャ全体の状態を速やかにチェックして、問題があったときユーザーやビジネスに悪影響を及ぼす前に検知して解決できるよう、有線・無線ネットワーク、物理・仮想サーバー、アプリケーションの情報を表示するダッシュボードを最適化できます。

データシートはこちらからダウンロードできます。
WhatsUp Gold を無料でお試しください