WhatsUp Goldでネットワークを効率的に監視

世界じゅうのIT管理者に長年にわたって利用されてきたこれまでのバージョンからスムーズに移行できます。時代に即した新しい機能も追加されました。

 
 

 
>

ハイブリッド・クラウド監視

WhatsUp Gold は大変使いやすく、ネットワーク問題が速やかに解決できます。そのパラダイムをAmazon® Web Services や Microsoft® Azure サーバーに拡張しました。これまで多くの方々にご利用いただき、その価値が実証されている WhatsUp Gold の機能を使用してハイブリッド・クラウド環境を監視できるようになりました。

>

リアルタイムのパフォーマンス監視

新しくリアルタイムのパフォーマンス監視が可能になりました。これまでのバージョンの時間軸グラフと同様にトラブルシューティングに役立つ詳細なデータを、リアルタイムで提供可能です。リアルタイムのレポートをダッシュボードに追加して、CPU、メモリ、インタフェース、ディスク、Ping のリアルタイム統計を表示するように設定できます。デバイスごとに複数のインタフェースのデータを表示できます。一時停止することも、詳しく分析するためにデータを Excel ファイルにエクスポートすることもできます。

>

自動/手動フェイルオーバー

WhatsUp Gold サーバーの可用性を高めます。特定のイベントの発生または状況に基づいてプライマリをセカンダリに切り替える自動フェイルオーバーを設定できます。スケジュールされたメンテナンスや計画停止時に最適な手動フェイルオーバー・オプションもあります。
 

>

分散型ネットワークの可視性の強化

Pro、Total、Total Plus の各エディションに分散型監視機能が搭載されました。Total エディションに5台、Total Plus エディションに10台、無料のスケーラビリティポーラーが追加され、広域に分散した多様な大規模ネットワークに容易に対応できるようになりました。組み込みの機能で簡単にリモートサイトからのレポートをセントラルサイトでチェックでき、分散環境のどのネットワークで起きた問題でも悪影響が及ぶ前に検出、対処できるようになります。

試してみる。

30日間無料試用版をダウンロードする。

最新版をダウンロード

質問する。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

>

新しいデバイスロール・エディタ

デバイスロール・エディタを使って、デバイスロールとサブロールを簡単に作成し、編集できるようになりました。WhatsUp Gold のデフォルト値を編集することもできます。特定のロールまたはサブロールを決定する基準を設定したり、決定時に特定の属性、カスタムリンク、監視、アクションポリシーを割り当てたりできます。デバイスを速やかに認定し、デバイスロールに基づいて複数のデバイスを簡単に変更できます。
 

>

パフォーマンスの向上

より正確な検出、多くのインタフェースを持つデバイスのパフォーマンスの向上、迅速なマッピングとレポート作成、大量デバイスアクションのパフォーマンス強化など、さまざまな機能が強化されました。ユーザー管理機能など、ユーザビリティも向上しています。

WhatsUp Gold 2017 Plus の新しいポイントを日本語ビデオでご紹介します。

 
 
WhatsUp Gold の無料試用版をお試しください