導入事例

アルナトゥーラがIT監視のために WhatsUp Gold を選択

オペレーション環境への目と耳として WhatsUp Gold を導入

アルナトゥーラは、すべてのプロセスを集中管理し一元的に記録することで積極的な対応とスムーズな運用を可能にする監視ソリューションを、速やかに導入する必要がありました。

サステナビリティ – 持続可能性 - は明るい未来を創造します。アルナトゥーラは、この点を強く確信しています。アルナトゥーラは、ドイツ、ヘッセン州のビッケンバッハを本拠地として、「人類と地球のための賢明さ」において最大限を目指し、国内外の顧客に最高品質の有機製品を提供しています。1984年に Prof. Dr. Götz E. Rehn によって設立されたアルナトゥーラは、従業員数およそ2,700人で、ヨーロッパ全域にわたり約15,000の取引パートナー・ストアを持ち、100以上の独自のスーパー・ナチュラル・マーケットの店舗を展開しています。同社の成長と事業運営の拡大は、IT部門に大きな課題をもたらしました。ITプロセスの数が増えるにつれて、オペレーション上の問題発生も増加しました。このときまでアルナトゥーラでは、すでに発生したネットワークの問題を特定することしかできず、パフォーマンスのパラメータを評価する簡単な方法がありませんでした。

この課題を解決するには、すべてのプロセスを集中管理し一元的に記録することで積極的な対応とスムーズな運用を可能にする監視ソリューションを、速やかに導入する必要がありました。アルナトゥーラのテクニカルバイヤーとして、外部コンサルタント、インフラストラクチャ、およびクライアントマシンのIT関連調達を担当する Mario Guttsche 氏は、「当社の事業を運営していく上で、信頼できる監視ソフトウェアは不可欠です。」と話します。

事例を読む
WhatsUp Gold の監視機能をお試しください