導入事例

Changan フォードの躍進を支える WhatsUp Gold

イプスイッチの WhatsUp Gold がITインフラストラクチャを監視し、急成長ビジネスを支援

2001年に設立された Changan フォード社は、中国の重慶市に本社を置き、重慶市、杭州市、ハルビン市に7つの工場を持っています。新車出荷台数は毎年のように記録を更新しています。ビジネスの急速な成長に伴って、生産とビジネスのための新しいアプリケーション・システムをサポートするために、同社の IT インフラストラクチャは拡張し続けています。

ビジネスが成長し、新しいアプリケーションも導入されたため、Changan フォード社のネットワークデバイスの数は700程度から1,700以上まで増大しました。また、IT環境が仮想化環境に移行し、パブリック・クラウドも利用するようになりました。その結果、データセンターで扱う量も膨大になり複雑化も進んでいます。イプスイッチのネットワーク監視ソリューション、WhatsUp Gold は、手に取るようにネットワークの様子がわかるインタラクティブなネットワーク・マップで、ネットワークの可視性、コントロール、トラブルシューティング能力を向上させます。20名程度の Changan フォードのIT部門は、このソフトウェアを使うことで、データセンターの管理を簡単に行うことができ、システムの運用水準と可用性を全体的に向上させられるので、人件費の節約にもなります。

Changan フォードは、新しいソリューションを調達する際、親会社のフォード社が用意した提案製品のリストの中から、評価のために WhatsUp Gold ともう一つの無料ツールを選択しました。2つのソリューションを使って、実際の環境で、3カ月間、800台のサーバーとネットワークデバイスを監視するテストを行うことにしました。

事例を読む
ネットワーク監視システム WhatsUp Gold