導入事例

CSAM Health は重要なシステムの管理に WhatsUp Gold を利用

北欧の eHealth ソリューション・プロバイダが、ノルウェーの救急サービスなどの重要なサービスの可用性を確保

CSAM Health は、5カ国に10のオフィスを構える eHealth ソリューションとサービスを提供する企業です。ノルウェーのオスロに本社を置き、デンマークセントラルアーカイブに全国的な臨床患者データを提供したり、デンマークのジーランド地域やストックホルム市議会などに優れたヘルスケアシステムと優秀な人的サポートを提供したりしています。

CSAM Health のインフラストラクチャ技術スペシャリストである Joakim Olsson 氏は、次のように述べています。「現在、約150名のスタッフがおり、血液管理、腫瘍治療、放射線以外の医療画像、マタニティ、救急サービス、救急車管理などのソリューションを提供しています。」

CSAM は多くの顧客のために患者のビッグデータシステムと放射線画像共有をメインテインしています。これらは昼夜を問わずいつでも病院や医療提供者に利用可能であることが求められます。CSAM Health のソリューションは、患者の健康や人命にさえ関わってくるので、99.8%以上の高レベルの可用性を維持する必要があります。

「厳格なSLAを維持し、顧客に最高のサービスを提供できるようにするには、インフラストラクチャとアプリケーションの稼働状況に関する重要な指標を常時一貫して測定する必要があります。」と、Olsson 氏は話します。CSAM Health では、ディスクスペースの警告などを行う通常のサーバーリソースの監視に加えて、毎分1,000を超えるSNMPクエリを生成して、アプリケーションキューが最適であることを確認します。

CSAM Healthは、WhatsUp Gold の新しいリリースである WhatsUp Gold 2018 の試用版を使って、2つのバージョンのレスポンスの違いを比較することにしました。同時に、刷新されたインタフェースの使い勝手もチェックしました。CSAM Health にとって、それまで利用していた信頼できる機能を失うことなく、より優れたシステムに移行できることは極めて重要でした。

事例を読む
WhatsUp Gold の監視機能をお試しください