導入事例

フレキシ-バンでネットワークのコントロールを達成

複合一環輸送産業のリーダー、フレキシ-バンは、ネットワーク・インフラの複雑性をコントロールできず、ユーザーから苦情が来るまで問題を把握できないような状況でした。WhatsUp Gold を導入してコントロールを達成し、継続しています。

フレキシ-バンは、複合一環輸送産業のリーダーとして、合衆国とカナダ全土での物品輸送に携わり、輸送機器をリースしています。ドック、鉄道、倉庫のネットワークを行き来する輸送コンテナを運ぶために15万台以上のシャーシ(トレーラーの台車)を装備しています。

ジム・マーサー氏が2010年にニュージャージー本社にIT部長として就任したとき、フレキシ-バン社では45台の古いサーバー、小規模SAN、26のネットワーク・スイッチ(うち、管理可能は6スイッチのみ)のインフラストラクチャ上で操業していました。ITスタッフは、ユーザーがパフォーマンスの悪さやネットワークがつながらないといった問題への苦情をレポートして初めてトラブルシューティングに取り掛かるという状態でした。「経験上、もっといい方法があることはわかっていました。サービスが中断する前に問題を検出しなければなりません。」と、マーサー氏は述懐します。

マーサー氏が以前使ったことがあったWhatsUp Goldを導入し、サーバー、スイッチ、ルーターを監視し、パフォーマンス・データを入手する体制を整えました。また、アプリケーション可用性に不可欠な物理ポートの監視も積極的に行っています。マーサー氏は、「問題があるデバイスが一目でわかるので、障害がどこに波及するかもすぐにわかります。」と言います。

事例を読む
アプリケーション、サーバー、ネットワークの統合監視システム WhatsUp Gold