導入事例

シティ・ナショナル銀行の高い評判に MOVEit が貢献

シティ・ナショナル銀行、情報システム部門の技術アプリケーション部長であるReynold Philius氏は、効率的かつ安全にファイルを転送することを始めとし、銀行の高い評判の確立と維持に重要な役割を果たしています。銀行の高い評判を保つための基盤として選ばれたのがイプスイッチの MOVEitマネージド・ファイル・トランスファー・ソリューションでした。

高い評判につながる高いサービス基準

シティ・ナショナル銀行(CNB)は、MOVEitを利用する以前、FTPサーバー、デスクトップFTPクライアント、電子メールなどのいくつかのファイル転送手法を使っており、機能を一元的に管理することができていませんでした。このようなプロセスを混在させていると、銀行が日常的に顧客に提供すべき高いサービス基準を維持することは極めて困難です。Philius氏は次のように説明します。「テクニカルサービス/ヘルプデスクチームには、チームのファイル転送方式がありました。私の情報システム部門は別のファイル転送手法を使っていました。また、ベンダーや大規模クライアントの中には、独自のソリューションやプロトコルを使用する必要がある組織もありました。」

サービスの向上には自動化が必要

シティ・ナショナル銀行は、データの迅速かつ確実な転送が根幹となる重要な業務プロセスを、ITインフラストラクチャ全体で調整し、自動化する必要がありました。 「私たちが転送する情報の大半はアカウント・レベルの取引情報です。」とPhilius氏は話します。「融資適否判定のプロセスでは、機密性の高い情報も大量に扱います。ファイル転送を自動化することは、オンラインバンキング、画像処理、詐欺行為検知、統合管理レポートなどを提供する銀行の中核システムの効率を向上させる鍵となります。」

事例を読む
MOVEit を無料でご試用ください