導入事例

大学のテクノロジーを WhatsUp Gold で監視

WhatsUp Gold を使用して大学の Web とデータベースサーバーのインベントリと監視

“The University of Law”は、法律関係の専門家の教育と訓練を担う英国で最も長い歴史を持つ大学です。1960年代に弁護士会によって“The College of Law”として創立され、2006年には、法律学の学士及び修士号の学位授与権限を枢密院から与えられた最初の独立機関になりました。2012年に、総合大学と称する認可を得て、“The College of Law” から “The University of Law” に名称変更しました。

ここ十年ほどの発展期間に、そして発展の結果として、上級IT運用スペシャリストのステファン・ヴェルズマン氏はITインフラの強化に伴ってIT資産とその複雑さが増大してきたのを見てきました。ITチームは、急増するカスタマーに世界レベルのサービスを提供するという困難な課題に直面しました。あるトレーニングコースで、講師がWhatsUp Gold について話しているのを偶然耳にしたヴェルズマン氏は、WhatsUp Gold ソフトウェアについてリサーチし、確信を得て導入を決定しました。

WhatsUp Goldは、内部カスタマー(経理やマーケティング部門など)向けには、インベントリ、大学のwebページとデータベース・サーバーの監視に使用されます。「WhatsUp Gold を使って資産目録を作成し、モデル番号、シリアルナンバー、保証情報を識別・管理し、大学のサーバーでどんなソフトウェアが使用されているかを知ることができます。使用を許可されたソフトウェアだけがインストールされていることを確認する必要があるので、作動ソフトウェアの検知機能は重要です。」

8,000人を超える在学中の学生のサポートのためには、WhatsUp Goldは学生の電子メールの可用性、ファイルとプリントサーバー、Flashやビデオを含むオンライン学習用の機材を供給するシステムなどを監視するために使われます。入学希望者のためには、WhatsUp Gold はオンライン・コースの登録やweb支払いシステムをサポートする大学のwebサーバーを監視します。ヴェルズマン氏は、「e-コマースの観点からは、WhatsUp Gold は顧客に対面するサイトの可用性を監視し、サービス水準合意(SLAs)が確実に満たされるようにするための支援をします。」と説明します。

IT部門は、外部及び内部のカスタマーが、必要なときにITサービスが受けられることを保証するため、サーバー・グループを提供するサービスの重要度によって優先順位付けします。例えば、サーバー・グループ1は、学生の電子メールや学習機材をサポートするパブリックサーバーを含みます。これらのサーバーは最も高い優先順位を与えられます。一方、内部webサイト、開発環境サーバーやテスト環境サーバーなどは、優先順位が低くなります。サーバーをグループ別に優先順位付けすることは、 停電が発生した場合に重要です。データセンターの無停電電源装置(UPS)は2時間の走行時間を供給しますが、停電が2時間以上継続した場合は、サーバーをできるだけスムーズに停止させるようにすることを目指します。停電中はエアコンも停まりますからデータセンターの室温も上昇し、サーバーの停止や障害を起こす要因になり得ます。停電が発生するとUPSはサーバーへの電源供給を開始しますが、大学のITチームはWhatsUp GoldをUPSの残り時間を監視するのに使い、重要度によって優先順位付けられたサーバー・グループごとに「緩やかに」停止させるようにもっていくスクリプトを始動させます。

また、ITチームは、大学のブリストル、バーミンガム、チェスター、マンチェスター、ヨーク、ギルフォードとロンドンの各支部を結ぶネットワークを監視するのにWhatsUp Goldのレイヤ2能力を使います。WhatsUp Goldを使ってデバイス、接続性、依存性を示すネットワーク・マップを作成しました。これらのマップはギルフォードのITデータセンターで表示されるので、ルーターやスイッチが故障したらすぐにわかります。加えて、どのサーバーが故障によって影響を受けるかもわかります。

WhatsUp Gold のレイヤ2マップは、学生がロンドンのブルームスベリー図書館で使用可能なPCを探すのにも使われます。学生のオンデマンド使用のために利用可能なPCが5フロアに渡って350台ありますが、その中から使用可能なPCを見つけるのは時間がかかり手間取ります。ITチームはWhatsUp Goldを使って使用可能なPCを探索し、レイヤ2マップ上で表示するカスタムSNMPモニターを作成しました。「各フロアのTVモニターにこれらのマップを表示します。使用可能状況に応じてPCは緑、赤、グレーで色分けされて表示されます。

ヴェルズマン氏は次のようにコメントします。「WhatsUp Goldは非常に費用対効果が高いツールで、私たちは多くの時間と費用を節約することができました。私たちのチームは、節約できた時間で、プロジェクトに取り組み、データベースを管理し、システムの性能向上に力を注ぐことができます。WhatsUp Goldを導入したことは、新しいチームメンバー、100%フルタイムでネットワークを監視し、その大仕事にわずかな金額を払うだけでいいようなチームメンバーを迎え入れたようなものです。」

もっと重要なことは、WhatsUp Gold が、ユーザーが悪影響を受けないうちにITインフラ問題を事前に検知することによって、ITチームに、時間や場所にかかわらずカスタマーが必要としたサービスを提供できるよう支援しているという点です。

WhatsUp Gold 統合ITインフラ監視