導入事例

WhatsUp Gold が KHSの生産性を向上させ、利益増大に寄与

企業グループの全IT運用をKHS本社のIT部門に統合することになり、異種システムの混在する古いシステムを置き換え、ネットワーク管理を効率化する必要がありました。

KHS(功学社)は、1930年に台湾の高雄に「萬屋」として創立され、1945年に現在のKHSに名称変更されました。各種楽器の製造・販売とともに、音楽教室も運営しています。世界十大楽器製造会社の一つとして、アジアと欧米に楽器製造販売拠点を持っています。本社は新北市蘆洲区にあります。

「企業の運用システム、ビジネス戦略、マーケティング戦略などはITと密接に連結しています。IT部門はあらゆる情報とサービスを提供して意思決定者や管理者をサポートしなければなりません。」と話すのは、功学社教育用品、システム運用部マネージャーの曹國輝氏です。現在の人員で5年以内に収益と市場価値を倍増させるという、最高経営責任者の梁欽貴氏が掲げた目標を達成するために、まずITシステムの改革が計画されました。

KHSの子会社の業務、財務、ITのそれぞれの部門は独立してシステムを運用していましたが、10年ほど前に、企業グループの全IT運用をKHS本社のIT部門に統合することに決まりました。それ以来、異種システムの混在からの移行という大問題に頭を悩まされ続けました。

それまで、各子会社は個々の事情に応じて独自に異なるブランドのPOSシステムやERPソフトウェアを購入していました。IT運用の統合により、IT部門はロジックも異なる多種多様のPOSやERPを管理しなければなりませんでした。 あまりの混乱に、古いシステムはすべて破棄して、新しいアプリケーション環境とシステムを統括的にサポートできる効率的な高機能ネットワーク管理システムを構築しなければならないとの結論に達しました。

異種システム混在による混乱とメンテナンスの負担増などの経験を通して、新システムの評価基準は3つにまとめられました。1つ目はソフトウェアのサポート能力です。サーバーやアプリケーションを含め内部ITシステムの90%以上がサポートされなければなりません。2つ目は、設定や操作が簡単で直感的にわかりやすい管理インタフェースを持っていることです。3つ目の、将来のメンテナンス費用も含めて総所有コストが低く抑えられることも重要なポイントでした。

これを満たしたのが、イプスイッチのWhatsUp Goldでした。

事例を読む
アプリケーション、サーバー、ネットワークの統合監視システム WhatsUp Gold