導入事例

スワン・エンジニアリング・グループで高いネットワーク可用性を確保

スワン・エンジニアリング・グループでは、ほぼ途切れのないネットワーク可用性を保つために WhatsUp Gold を使用しています

スワン・エンジニアリング・グループ社は、英国で40年以上にわたって石油化学、エンジニアリング、建設企業のために鉄骨構造を製造してきたスワン・グループの3つの事業グループを直接サポートする会社です。スワン・エンジニアリングは、広範なエンジニアリングサービスを時間通りに提供するため、高速ネットワークサービスに無制限にアクセスできる必要があります。途切れることなくネットワーク・アクセスを提供し、高いアプリケーションの可用性を保つ責任は、ネットワーク管理者のクリストファー・ロバート氏が担います。

解決困難な断続的に発生する問題

ロバート氏は、入社してすぐ、利用可能なツールをチェックしましたが、ネットワーク・パフォーマンスを最大にするのに必要なIT監視ソフトウェアが存在しないことが判明しました。アプリケーションのパフォーマンスが悪化して遅延が生じても、原因が判明しないまま現象的には問題が解消されてしまうような場合は特に、追跡して問題を解明することは極めて困難、もしかしたら不可能なのではと危惧されました。ある取締役が、アプリケーションのパフォーマンス悪化が映画や音楽、ビデオなどをダウンロードするといった仕事とは関係のないアクセスのせいではないかと疑って「会社のネットワークで YouTube を視聴しているのは誰だ?」と聞いてきたとき、その不安は現実のものとなりました。

ロバート氏は、IT部門がこの質問に答えるのは干し草の山から針を探し出すのにも匹敵するほど至難の業だとわかっていました。「それどころか、リンクがつながっているかどうかさえ確認する手段がなく、誰かが苦情を訴えて初めて問題を認知するという状態でした。ネットワークを安定的に稼動させ続けるためには監視ソフトウェアを導入する必要がありました。」とロバート氏は述べます。

ネットワーク監視ソフトウェア導入の承認を得て、ロバート氏は監視ソリューションの調査を始めました。すぐに候補をイプスイッチの WhatsUp Gold と、もう一社の製品に絞り込むことができました。両製品は、機能的にはよく似ていましたが、低価格に押さえられるライセンス体系を持つ WhatsUp Gold が最終的に選択されました。

「当社にはサイトごとに4つのスイッチがあり、それぞれに40から50のポートがあるので、数百のセンサーを監視する必要があります。他社製品はセンサーごとのライセンスなのでコストが高くなりますが、WhatsUp Gold の場合は400センサーへのライセンスではなく4台のデバイスに対するライセンスです。この違いは大変大きいです。」

リモート監視は大きなプラス

コストを低く抑えて、問題を解明するのにかかる時間が大幅に減少したのは大きな収穫でした。ロバート氏は WhatsUp Gold の Flow Monitor の貢献度が高いと評価します。スワンのネットワーク・インフラストラクチャには4つの異なるドメインがあり、それぞれがプライベートWANを持っています。どこかで問題が起きたら、問題を報告している場所まで車で移動し、そこで問題解決にとりかかるというのがパターンでした。「幸いにも、それは過去の話です。」とロバート氏は話します。「各サイトのルーターに Flow Monitor が使えるので、遠隔地から監視することは簡単です。今は、各サイトをリモートで監視し、警告も受け取ることができます。」

ネットワーク過剰使用の取り締まり

ロバート氏は WhatsUp Gold のネットワーク上のすべてのコンポーネントを検出し、マップを作成できる能力も高く評価していますが、最大の利点は、ネットワーク速度低下の根本原因を数分で分析し解明できるようになった点です。「私たちは非常に高速のファイバーを持っていますが、どこででも使える訳ではありません。会社の仕事に関係していないことでダウンロードした結果、そのデータ移動の影響で、あまり高速でないADSLを使っているユーザーが作業できなくなってしまうことがあり得ます。」

ロバート氏は、速度低下を起こしている原因をつきとめるために Flow Monitor を利用します。「Flow Monitor はサイト間のリンクを見ることができるので、サイトがダウンしたり、帯域幅使用が事前に設定した限度を超えたりした場合はすぐにわかります。」と、ロバート氏は説明します。このような問題がいったん把握されると、あとは帯域幅使用率の詳細なグラフを見ながら根本原因へと数分で「ドリルダウン」することができます。その間のマウス・クリックの回数も数回におさまります。

ネットワークのアプリケーション・サーバーがダウンしていたり、ネットワーク・コンポーネントに障害があって問題を起こしている場合もありますが、社員が休憩中に YouTube を視ていたり、仕事の後に見ようと映画をダウンロードしていたり、ストリーミング音楽配信サービスを利用していたりする可能性が高いです。ロバート氏は、ログ・ファイルをチェックする WhatsUp Gold からの自動支援によって、データがどこからストリームされているか正確なIPアドレスがわかり、ターゲットデバイスも把握できます。ルーターの動きを試行錯誤的にチェックする面倒な作業に時間をかける必要はありません。「インターネット・ポリスになるつもりはありません。問題の原因を引き起こしている個人に、目立たないよう注意を促すように心がけています。ただ、ネットワークをスムーズに稼動させ続けるにはやはりある程度のコントロールが必要です。」

他の機能を活用する計画

WhatsUp Goldを使用し始めて数ヶ月ですが、スワン・エンジニアリング・グループ社はまだ使いこなしていないたくさんの機能があると考えています。ユーザーが帯域幅を過剰使用している場合に早期警告を出せるよう、Flow Monitor にリアルタイム警告の設定をすることもそのうちの1つです。例えば、20分の間に torrent UDP 接続で100MB以上のトラフィックを生成している場合に警告を出すカスタム警告を設定するなどの案があります。この警告が出た時点で対処すれば、管理者は大量使用しているマシンを速やかに特定できます。そして、ネットワークの速度低下を引き起こす問題を、ネットワークユーザーに悪影響を及ぼす前に解決することが可能になります。

「WhatsUp Gold は私たちの業務に最適でした。」とロバート氏は結論づけます。「イプスイッチのエンジニアが説明したまさにその通りのことを行います。問題に関して詳細に可視化することができますから、問題が何に起因するのか追跡でき、それがどれぐらいの間ネットワークに影響を与えていたのかもわかります。」

WhatsUp Gold 統合ITインフラ監視