データシート

WhatsUp Gold Premium エディション

WhatsUp Gold Premium エディションは、クラウドまたはオンプレミスのアプリケーション、
ネットワークデバイス、サーバーの状態とパフォーマンスを完全に可視化します。

IT部門が次のようなことをするのに必要な詳細情報やコントロール、自動化ツールを提供します。 

  • ユーザーに悪影響が及ぶ前に問題を検出して解決
  • 自動検出、マッピング、監視と警告、レポート、インベントリ
  • 有線・無線デバイスの監視、クラウド・リソースの監視

自動検出とマッピング

WhatsUp Gold のレイヤ2/3 ディスカバリによって、ルーター、スイッチ、サーバー、アクセスポイントなど、ネットワーク上のすべてのデバイスを検出できます。WhatsUp Gold は、ネットワーク・トポロジを自動的に読み込んでネットワーク上のすべてのデバイスを検出するシード・スキャン技術を使っています。また、IPレンジ・スキャンを使ってスタートとエンドのIPアドレスからネットワークを探索し、すべてのポート間接続関係とネットワークの依存関係を検出します。

WhatsUp Gold は、コア・インフラストラクチャ、Windows® インフラストラクチャ、無線インフラストラクチャ、クラウド・リソースなどのレイヤ2/3 ネットワーク・マップを自動生成します。無線LANコントローラ(Meraki 無線 LAN クラウドを含む)、アクセスポイント、サーバー、ストレージ、プリンタなどを監視します。ユニークなインタラクティブ・ネットワークマップによって、IT環境全体が手に取るようにわかります。

インフラストラクチャの管理と監視

WhatsUp Gold はルーター、スイッチ、ファイアウォールから、サーバーやストレージ・デバイスに至るまでインフラストラクチャ全体の可用性とパフォーマンスを継続的に監視します。つまり、ICMP、SNMP、WMI、SSH を含めた標準監視プロトコルを使ってアクセスできる、IPアドレスを持ったものなら何でも監視可能ということです。

クラウド・リソースの管理と監視

WhatsUp Gold は、Amazon Web Services や Azure サーバーなどのクラウド環境を自動的に検出、マッピング、監視します。クラウドサービスが独自のネイティブAPIを使用して収集するすべてのメトリックのステータスとパフォーマンスを監視、レポート、警告することができます。クラウド・リソースの使用状況をチェックできるとともに、クラウド利用にかかる料金を追跡してそのレポートを簡単なダッシュボードに表示することもできます。WhatsUp Gold が収集するほかのすべてのデータと同様、長期の傾向を追跡するために複数年にわたって保存することができます(多くのクラウド・プロバイダがサポートするのは、60日間または90日間の保存です)。WhatsUp Gold の定評あるネットワーク監視機能がハイブリッド・クラウドにまで拡張され、すべてのシステムで一貫性のあるトラフィックが確保されます。。

スマートな警告とアクション

WhatsUp Gold は、メール、テキスト、Slack、ロギングによってリアルタイムで警告を発します。警告は、問題が起きたときにユーザー、アプリケーション、そしてビジネスに悪影響を及ぼす前に積極的に対処するための重要な情報になります。

警告は、イベント・ログに書き込むか、Slack で通知するか、IFTTT にポストするか、メール送信するか、テキストで警告を出すかなどを指定できす。PowerShell スクリプトで起動できるもの、たとえばアプリケーション・サービスを再スタートするといった自己修復アクションも設定できます。

レポートとインベントリ

WhatsUp Gold には使いやすいレポート・システム環境があります。用意されている何百もの組み込みレポートから選択して簡単にカスタマイズしたり、IT全体の状態をチェックできるドラッグ・アンド・ドロップ・ダッシュボードを簡単に作成することができます。

データシートを読む
WhatsUp Gold を無料でご試用いただけます