データシート

WhatsUp Gold Total Plus エディション

WhatsUp Gold Total Plus エディションは、クラウドまたはオンプレミスのアプリケーション、
ネットワークデバイス、サーバーの状態とパフォーマンスを完全に可視化します。

IT部門が次のようなことをするのに必要な詳細情報やコントロール、自動化ツールを提供します。

  • ユーザーに悪影響が及ぶ前に問題を検出して解決
  • 自動検出、マッピング、監視と警告、レポート、インベントリ
  • 重要なアプリケーションやサービスへの帯域幅割り当てを最適化
  • 有線・無線デバイス、クラウド・リソースの監視

自動検出とマッピング

WhatsUp Gold のレイヤ2/3 ディスカバリによって、ルーター、スイッチ、サーバー、アクセスポイントなど、ネットワーク上のすべてのデバイスを検出できます。WhatsUp Gold は、ネットワーク・トポロジを自動的に読み込んでネットワーク上のすべてのデバイスを検出するシード・スキャン技術を使っています。
また、IPレンジ・スキャンを使ってスタートとエンドのIPアドレスからネットワークを探索し、すべてのポート間接続関係とネットワークの依存関係を検出します。

WhatsUp Gold は、コア・インフラストラクチャ、Windows® インフラストラクチャ、無線インフラストラクチャ、クラウド・リソースなどのレイヤ2/3 ネットワーク・マップを自動生成します。無線LANコントローラ(Meraki 無線 LAN クラウドを含む)、アクセスポイント、サーバー、プリンタなどを監視します。ユニークなインタラクティブ・ネットワークマップによって、IT環境全体が手に取るようにわかります。どのデバイスの状態もすぐに把握でき、ネットワークの状況をひと目で見ることができます。マップ上のどのデバイスでも、クリックすればステータスやプロパティ、アサインされた監視などが即座に表示され、ドリルダウンしてダッシュボード上に詳細なパフォーマンス情報を表示することもできます。

クラウド・リソースの監視

WhatsUp Gold は、Amazon Web Services や Azure サーバーなどのクラウド環境を自動的に検出、マッピング、監視します。クラウドサービスが独自のネイティブ APIを使用して収集するすべてのメトリックのステータスとパフォーマンスを監視、レポート、警告することができます。クラウド・リソースの使用状況をチェックできるとともに、クラウド利用にかかる料金を追跡してそのレポートを簡単なダッシュボードに表示することもできます。WhatsUp Gold が収集するほかのすべてのデータと同様、長期の傾向を追跡するために複数年にわたって保存することができます(多くのクラウド・プロバイダがサポートするのは、60日間または90日間の保存です)。

アプリケーションの監視

WhatsUp Gold Total Plus には、さまざまなアプリケーションの可用性とパフォーマンスを簡単に監視し、管理することができるよう、多くの組み込みアプリケーション・プロファイルが備わっています。Microsoft の Exchange、SharePoint®、Dynamics、Skype for Business、SQL Server®、DNS、Internet Information Services (IIS)、Active Directory®、Hyper-V®、 そして、Linux システムや Apache ウェブ・サーバー (Linux ベースでも、 Microsoft ベースでも)などの可用性とパフォーマンスを簡単に監視できます。

ネットワーク・トラフィック分析

Cisco の NetFlow、NetFlow-Lite、NSEL、QUIC、Juniper の J-Flow、sFlow、および IPFIX プロトコルを使用して複雑なマルチベンダーネットワーク上のすべてのフロー対応デバイスのネットワークトラフィックと帯域幅使用状況データを収集します。ネットワーク・トラフィックのソースとディスティネーション、帯域幅を消費しているアプリケーション、それらのアプリケーションの使用者などの詳細情報が得られます。これらの情報を使って、トラフィックフローのパターンを把握し、帯域幅消費を分析して、ネットワークのパフォーマンスを最適化したり、ネットワークのボトルネックになりそうなところを解明して解消したりすることができます。また、ネットワークを再設計して容量を追加する必要があるのか、帯域幅使用に関するポリシーを策定するべきなのかといったことを検討することができます。

ネットワーク設定管理

WhatsUp Gold Total Plus は、ネットワークのルーター、スイッチ、ファイアウォールの設定と変更管理を自動化します。ネットワーク設定を保管・監査し、設定に変更があった場合は警告を出し、レポートします。ネットワーク上のすべてのデバイスが適切な設定で稼動していることを確かめ、ネットワークを規制水準を満たしながら安全に保ち、手作業で行えば時間がかかる繰り返しの設定と変更管理タスクを短時間・低コストで行うことができます。

ネットワーク設定を安全な暗号化されたリポジトリに保管します。ネットワーク管理者は、各デバイスに複数の設定(startup-config、running-config など)を保管することができます。ネットワーク管理者は、ネットワーク設定の変更についてきちんと把握している必要がありますが、WhatsUp Gold Total Plus は、設定データベースをスキャンして、変更があれば警告を発します。変更があったら遅延なく警告できるよう、自動スキャンをスケジュールすることも可能です。また、SNMP トラップを使って設定変更を警告することもできます。

高い拡張性

ネットワークで監視しているデバイス数がサーバーが効率的に処理できる台数を超えた場合、WhatsUp Gold Total Plus のスケーラビリティポーラーを使うと WhatsUp Gold の1つのインスタンスがサポートするデバイス数を増やすことができ、最大20,000 デバイスまでサポート可能になります。スケーラビリティポーラーは、特定のSLAをサポートするために、事業部門や顧客からの監視負荷を異なるポーラーに分散し、優先順位付けします。監視、分析、結果の関連付けは、単一ダッシュボードから一括管理できます。

データシートを読む
WhatsUp Gold を無料でご試用いただけます