ネットワーク帯域幅使用量の監視

帯域幅消費量を追跡し、重要なアプリケーションとサービスに十分な帯域幅を割り当てられるよう、管理できます。

何/誰が帯域幅を消費していますか?

アプリケーション、プロトコル IP、グループによる帯域幅使用量を確認するため、Cisco の Netflow と NetFlow-Lite、NSEL、sFlow、J-Flow、IPFIX フローデータを収集、監視、分析します。WhatsUp Gold を使うと、どのアプリケーションやどのユーザーがネットワーク帯域幅を大量に消費しているかがわかります。

トラフィックを視覚化してフォレンジック

個々のネットワークノードにドリルダウンして、数ヵ月、数日、または数分間にわたるトラフィックパターンを分析することができます。その履歴データを利用して、問題の根本原因を突き止めることができます。

不審なネットワークアクティビティの警告

ユーザー、アプリケーション、業務に悪影響が及ぶ前にネットワークトラフィックの問題に対処するため、しきい値ベースの警告を受信できます。接続失敗数や会話相手の数、個々のユーザーの帯域幅使用率、疑わしい接続などを追跡可能です。

帯域幅使用率の監視でコスト削減

毎月のISP帯域幅使用料金は高価です。WhatsUp Gold を使用すると、インターネット・トラフィックのソースと宛先、インターネット帯域幅を消費するアプリケーション、およびそれらのアプリケーションのユーザーを特定できます。そうすることで、業務に重要なアプリケーションが必要な帯域幅を確保できるようにするとともに、コストの見直しができます。

CBQoS ポリシーの適用

一人のユーザーがビデオストリーミングで帯域幅を消費し尽くしてしまい、重要な業務アプリケーションに遅延が生ずるような事態は避けるべきです。CBQoS(Class-Based Quality of Service)ポリシーの策定と適用が重要です。WhatsUp Gold の CBQoS レポートは、クラス・ベースのポリシーの有効性に関する情報を提供します。NBAR(Network Based Application Recognition)上位アプリケーション・レポートには、シスコの NBAR 分類エンジンに従って、上位アプリケーションから発生したネットワークトラフィックが表示されます。

認可されていないネットワークトラフィックがないかチェックし、他のシステムやアプリケーションに与える影響を把握。

多数ベンダー/多数プロトコルをサポートし、ネットワーク上のどんなアクティビティにも対処。

フローレベルでのトラフィック監視により、最適なアプリケーションの優先順位付けが可能。

デバイス接続失敗の急増など、疑わしい状況に対するしきい値ベースの警告を設定。

 

帯域幅監視 バイヤーズガイド

現代の、あらゆるものが接続された世界では、誰もが、そして様々なモノも、帯域幅を使用します。大部分のネットワークユーザーは通常帯域幅について懸案事項があるとは思っていませんが、帯域幅が突如制限されるようになると、ネットワークのすべてが遅くなります。順調に稼働するのが当然のネットワークに遅延が生ずれば、重大な問題を引き起こす可能性があります。ネットワークを円滑に稼働させ続けるには、帯域幅使用状況を正確に把握しておくことが不可欠です。

このガイドでは、帯域幅を監視するべき理由、監視することのメリット、そして帯域幅を監視するツールを選択する際に留意すべきことなどを概説します。

バイヤーズガイドをダウンロード

用語の説明

  • 帯域幅: ある地点から別の地点へ最大量のデータを送信するための有線または無線ネットワーク通信リンクの容量。時間単位のデータ転送量であり、帯域幅はデータ転送速度を表します。ネットワーク速度という解釈はよくある誤解です。
  • CBQoS: Class Based Quality of Service(クラス・ベースのサービス品質)は、Cisco によって作成された機能セットで、IOS 12.4(4)T 以降で適用可能です。CBQoS は、企業のネットワーク内で適用されている Quality of Service(QoS)ポリシーおよび Class Based(CB)トラフィックパターンに関する情報を提供します。
  • NBAR: Cisco が開発した Network Based Application Recognition は、利用可能なリソースができるだけ効率的に利用されるように、ネットワークアプリケーションの帯域幅を分類および規制するメカニズムです。

 

WhatsUp Gold を利用した
帯域幅使用率監視についてのお問い合わせ