クラウド監視

クラウド環境で何をどれだけ使っているのか、どれだけコストがかかっているかをいつでも正確に把握できます。

クラウド・リソースの使用量監視

ネットワークで AWS と Azure のリソースを毎分どれぐらい使用しているか正確にわかっていますか?クラウド監視で、使用しているクラウド・リソースがひと目で把握でき、クラウド・ネットワーク関連の問題を速やかに解明できます。

使用量に伴う料金の監視

毎月のクラウド使用の請求書は実際の使用量と合っていますか、それとも驚くことが多いですか?使用量をしっかり追跡して請求書を確認してください。コスト削減検討のデータにもなります。

クラウド利用の最適化

何をいつ使っているかが把握できれば、使っていないリソースをチェックしてクラウド利用を最適化し、コスト削減につなげることができます。よくある30日間から60日間限定でなく、長期のトレンドを追跡して調節することができます。

クラウドリソースを監視してコスト削減

クラウドリソースに対しては、毎分支払いが発生します。それらのリソースが本当は必要ではなく、実際には使用していない場合は、無駄な出費になります。クラウド使用量を監視することで、クラウドリソース使用を最適化し、コストを削減できます。
クラウドの使用量や請求額が設定したパラメータを超えた場合に警告を受けられるよう設定することもできます。

プロバイダが知っていることは心得ておきましょう

クラウド監視は、AWS と Azure の API を利用して、クラウドリソースが何をしているのかの詳細情報を獲得します。クラウドのプロバイダがわざわざ言及しないような特定の事項について警告やレポートを設定することができます。また、クラウドプロバイダが提供するスタンダードである30~60日を超えて詳細情報を追跡することで、長期的な傾向を分析することもできます。クラウド使用量が、週ごとに、または月ごとにどのように変化するかを見ることができるので、それに応じた最適化をすることができます。

93%
の企業が、ネットワーク使用量が1年のうちでも季節によって大きくばらつきがあるとみています。

ネットワーク問題がクラウド側のものなのかオンプレミス側のものなのか、迅速に特定

毎月の使用料金を引き下げ、需要が高まる季節にはニーズを満たすように、最適化

料金を追跡して、予算を超過しそうなときは警告を受信するよう設定可能

詳細を含む明確なクラウド使用のレポートで、コスト削減できる部分がないかをチェック

ご存知ですか?

多くの組織は、クラウドリソースの使用量や使い方をチェックせずに、クラウドサービスのプロバイダからの月ごとの請求額を支払っています。突然高額の料金を請求されたりすることがない限り、クラウド利用料金の正当性を確認することもないでしょう。
クラウド監視を導入すれば、あまり使っていないクラウドサービスの見直しなど、クラウド使用の最適化が可能です。

用語の説明

  • Amazon Web Services (AWS): 世界で最も広く使用されているクラウドサービス。Amazon Web Services(AWS)は、PaaS、SaaS、IaaS など、Amazon Inc. が提供する36を超えるクラウドコンピューティングサービスの集まりです。AWS は現在、世界のクラウドコンピューティング市場シェアの30%以上を占めています。
  • クラウド監視: クラウドインフラストラクチャまたはクラウド資産の運用ワークフローおよびプロセスをチェック、管理するプロセス。一般的には、クラウドインフラストラクチャへの中央アクセスとコントロールを可能にする自動監視ソフトウェアを通して実装されます。
  • Microsoft Azure: Microsoft Azure は、以前は Windows Azure と呼ばれていましたが、Microsoft が提供するクラウドコンピューティングプラットフォームです。

 

WhatsUp Gold を使ったクラウド監視についてお問い合わせください