DevOps 環境でのネットワーク監視

業務インフラストラクチャ内のネットワーク設定、クラウドリソース、アプリケーションなどを完全に可視化します。

設定管理

ビジネスの成功のためには、IT運用部門と開発部門が協業して業務環境をコントロールすることが必須です。業務インフラストラクチャの、ネットワーク設定、サービス、デバイス、アプリケーションなどをしっかりコントロールする必要があります。

ネットワークとクラウドの監視

DevOps は、ダウンタイムや予算超過を回避するために、ネットワーク上およびクラウド上のリソースを監視し管理する必要があります。

アプリケーション監視

API を含め、アプリケーションやサービスは、製品開発ライフサイクルの生命線です。業務環境でのアプリケーション問題は、速やかに検出して解決することが求められます。

信頼と効率確保のためのネットワーク監視

IT 部門は DevOps のハードウェアとソフトウェアの問題に対応できる必要があり、DevOps はどういう問題なのかの詳細を求められます。
ネットワーク監視による詳細情報で、互いに主張し合うのではなく、効率的に問題解決することが可能になります。

ホワイトペーパー:DevOps への移行に向けて考慮すべきポイント

開発部門に無用な手間をかけさせない工夫

開発部門はタイトなスケジュールをこなしているので、期限を守るためにリソースをいつでもすぐに利用できる必要があります。
DevOps 環境におけるIT部門の大きな役割は、開発部門がネットワーク、アプリケーション、ハードウェアのボトルネックに陥らないようにすることです。

アプリケーションとデバイスの
最大稼働時間を確保

開発部門の状況を
詳細に把握してサポート

問題解決に時間を使えるよう
設定管理や帯域幅監視を自動化

ボトルネックを排除し
最大の効率を維持

ご存知ですか?

DevOps は、ソフトウェア開発ライフサイクル内で最大限の成果を上げるための開発と IT 運用の共同作業です。
トラブルシューティングするのに、IT 部門が経験や勘に頼っていては合理的とは言えません。
すべての関係者が可能な限り効果的に仕事をこなすには、帯域幅監視や設定管理などの自動化ツールを導入するのが最適です。

用語の説明

  • DevOps: 開発とIT運用の融合。コラボレーションとコミュニケーションを強化して、IT 部門をソフトウェア開発ライフサイクルに近接させる手段。
  • 継続的デリバリー: ソフトウェア開発ライフサイクルにおける効率を向上させ、常時デリバリー可能な状態に保つためのプロセス。
  • 設定管理: デバイスやアプリケーションの設定、パフォーマンス、機能を一貫した状態に保つための、自動化を含むシステム管理タスク。

 

WhatsUp Gold を使った DevOps のための
ネットワークを監視についてお問い合わせください