>

監査準備をシンプルにする

ボタンを押すだけで、HIPAA、SOX、FISMA、PCI、MiFID、Basel IIなどで指定されている規制コンプライアンス要件に関するレポートを作成できます。

コンプライアンス重視のレポート作成機能で提出書類の規制事項に対応できます。アーカイブされた生のログ・データは、自動フィルタリング、関連付け、レポート作成、変換などの機能を使用して、マネージャ、セキュリティ担当者、コンプライアンス担当者に向けた実用的な情報に簡単に変換できます。Log Managementスイートは、WhatsUp Goldと統合可能なスタンドアロン・アプリケーションとしてご購入いただけます。

>

セキュリティ・インテリジェンスを確保

疑わしいアクティビティや、一般的に監査対象となるアクセスや権限の変更について、ログを自動的に分析します。特定の語句がログに書き出されたら警告を受けるよう設定できます。

ログを分析して、権限がないアクティビティやセキュリティの脅威をすばやく検出し、警告します。ファイル、フォルダ、オブジェクトへのアクセスや権限変更など、一般的に監査対象となる種類のイベントを追跡、警告、報告します。また、脅威となる可能性があるインシデントの特定に役立つ、Syslog、Microsoftイベント、W3C/IISログなどの一般的な種類のログを収集します。従業員レコード、患者情報、財務情報など、重要な情報へのアクセスを保護すると共に、ネットワーク・セキュリティ・ポリシーを実施します。

>

時間を節約し、エラーを最小限に抑える

インフラストラクチャ全体からSyslog、Windowsイベント、W3C/IISログを自動的に収集、保存、アーカイブ、およびバックアップできます。

ログファイルの収集、保存、アーカイブのプロセスをインフラストラクチャ全体で自動化することで、手作業で収集する時間と労力を節約できます。ログファイルはWANリンクを経由して単一の中央データベースで一元管理されます。アーカイブされたSyslogファイルやWC3/IISログなど、カスタムの(Core 6に加え)Windowsイベント・ログを自動的に管理します。

Log Management の詳細はデータシート (英語) をご覧ください
Log Management (英語) の無料試用版をお試しください