>

マネージド・ファイル・トランスファーとFTPの比較

MFTは重要なファイルの転送に適しています。

FTPには、大容量の場合や、SLAやデータ保護規制へのコンプライアンスが必要な場合に、問題になるかもしれない制限があります。マネージド・ファイル・トランスファー(MFT)には、基幹業務のファイル転送に適した管理、自動化、信頼性、セキュリティ、レポート作成などの追加機能があります。

結果として、金融サービス、医療、保険、小売、製造、政府機関のIT部門は、FTPからMFTへと移行しつつあります。

IpswitchのMFTソフトウェアの詳細

>

保護された健康情報(PHI)のセキュアな転送

ファイル転送のセキュリティを自動化し、信頼性を維持

医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令(HIPAA)では、保護された健康情報のセキュリティを確保するための厳格な対策を講じることを義務付けています。PHIデータの損失や誤った処理のリスクは、重大な懸案事項となっています。

マネージド・ファイル・トランスファーを使用すると、IT部門は、EMRや金融データをやり取りする際の信頼性、セキュリティ、コンプライアンスを確保することができます。MFTで作業負担とコストが削減できるので、IT部門は、医療機関が幅広いサービスを迅速に提供できるよう、サポートできます。

医療機関におけるMFTの詳細

>

銀行や金融関係の新しいサービス

迅速なサポートで高品質の新しいサービスを提供

MFTは、クライアント、ベンダー、パートナー、バックエンド・プロセス間のファイル転送の管理に必要なオーバーヘッドを低減します。そのため、新しいファイル転送サービスを迅速に効率良く展開することができます。

MFTを導入すると、サービス提供の拡大に伴って利用できる、中核となるガバナンス対策、SLAレポート、コンプライアンス監査準備プロセスを実装することもできます。

銀行・金融機関におけるMFTの詳細