重要なアプリケーションとサービスのネットワーク帯域幅の可用性を確保

>

帯域幅使用率を分析

ネットワークのフロー・レコードを収集して分析し、ユーザー、システム、およびアプリケーションのトラフィックを視覚化します。

マルチベンダーのネットワークであっても、帯域幅使用状況を詳細に監視し、管理できます。Cisco NetFlow、NetFlow-Lite、NSEL、Juniper J-Flow、sFlow、およびIPFIXプロトコルを使用してフロー・レコードを収集し、1つのコンソールからトラフィック・パターンを視覚化します。CiscoのNBAR分類を使用してトップ・アプリケーション・レポートを生成することも、クラスベースのポリシーでCBQoSレポートを生成することもできます。CiscoのNetflow-Liteをネイティブでサポート – サードパーティーの複雑なアグリゲータは不要です。

>

最も消費量の多い使用者を特定

主要なユーザーとシステムの帯域幅消費量を追跡し、堅牢なサービス提供を実現します。

どのユーザーやシステムが最もネットワーク帯域幅を消費しているかを把握するため、消費量が上位の送信者、受信者、対話を詳細に可視化します。業務上重要なシステムに必要な帯域幅が割り当てられるよう帯域幅使用ポリシーを策定できます。通常の使用パターンを超えた場合に警告を受け取ることができます。

>

重要なアプリケーションの容量を確保

パフォーマンスのボトルネックを特定し、業務以外の帯域幅消費を最小化します。

ネットワーク帯域幅を大量に消費しているアプリケーションやプロトコルに関する詳細で実用的なデータを入手できます。YouTube、Spotify、ゲームなど、業務以外のアプリケーションによって消費されている帯域幅を特定できます。個々の攻撃をドリルダウンして特定し、解決できます。重要なアプリケーションのリソースを確保するための情報と、不要なISP費用を最小限に抑えるために必要な情報が得られます。

>

疑わしいアクティビティへの対処

プロトコルによるネットワークトラフィックを追跡し、UDPの急増などがあれば、潜在的な攻撃プロファイルとして検知できます。特定のデバイスの通常とは異なるプロトコルの疑わしい使用や、通常ではないURLの使用を監視し、進行しているかもしれないデータ盗難の可能性を検出します。P2Pプロトコルを経由した機密データ資産からの大量のファイル転送を検知できます。会社資産や公的資産の不正使用のケースや望ましくない使用のケースを文書化します。

>

使用状況の問題点を検出

プロトコルやユーザーごとにネットワーク・トラフィックを追跡できます。疑わしいアクティビティや不正使用を検出します。

プロトコルやユーザーごとに帯域幅使用率を監視できます。重要な業務アプリケーションとサービスに対して帯域幅を確実に優先して割り当てることができます。しきい値を設定して、帯域幅使用ポリシーの違反があった場合に警告を受けることができます。P2Pプロトコルを経由した機密データ資産からの大量のファイル転送を検知できます。CiscoのNBAR分類を使用してすぐに使えるレポートを表示することも、クラスベースのポリシーに対してCBQoSレポートを表示することもできます。
 

WhatsUp Gold ネットワークトラフィック分析の詳細
インタラクティブなIT監視機能を体験できます。WhatsUp Gold をお試しください。