イプスイッチ

製品ライフサイクル規約

製品サポート・ライフサイクルにより、製品アップデートと技術サポートの観点からイプスイッチが各リリースをサポートする対象期間が定義されます。有効なサービスアグリーメント契約をお持ちのお客様は、新リリースをダウンロードしてインストールできます。詳細については、「コミュニティ(英語)」からご確認ください。

利用規約

一般提供 (General Availability)

  • Ipswitch は、保証期間内の製品、または現在、サービスアグリーメントの保証対象となる製品をお持ちのお客様に技術サポートを提供します。技術サポートには、コミュニティ・サイトから行うケースの登録、チュートリアルやデモなどのオンライン・サポート、ナレッジベースへのアクセスなどが含まれます。 
  • Ipswitch は、製品の問題を解決するためにお客様の製品を最新バージョンにアップグレードしていただくよう求める権利を有しています。 
  • 製品アップデートは、保守リリース、サービスパック、パッチ、ホットフィックスで構成されます。サービスパック、パッチ、およびホットフィックスは、すべての製品で常に利用できるものではなく、その決定は Ipswitch の自由裁量によるものとします。 
  • Ipswitch は、最新の一般提供(GA)製品のみに対して追加機能を開発します。 
  • 一般提供(GA)フェーズは、ソフトウェアのアップデート(メジャー、マイナー、またはパッチ)が Ipswitch の Webサイトまたはコミュニティ・サイトでダウンロード可能になった時点から始まります。メジャー・リリースは、年の名前がついた版、または年にプラスがついた版(例:MOVEit 2017、MOVEit 2017 Plus)で指定されます。マイナー・リリースは、サービス・パック版(例:WhatsUp Gold 2017 SP2)を指します。 
  • 3つ前までのメジャー・リリースとそれに関連するマイナー・リリースは、一般提供フェーズにあるものとみなされます。たとえば、MOVEit 2018 Plus が GA の場合、MOVEit 2018、MOVEit 2017 Plus および MOVEit 2017 は、先行する3つのメジャー・リリースなので、GA フェーズにあるとみなされます。 
  • 一般提供フェーズは、最低でも2年間継続します。

サポート終了 (End of Life)

  • Ipswitch は、保証期間内の製品、または現在、サービスアグリーメントの保証対象となる製品をお持ちのお客様に技術サポートを提供します。技術サポートには、コミュニティ・サイトから行うケースの登録、チュートリアルやデモなどのオンライン・サポート、ナレッジベースへのアクセスなどが含まれます。 
  • Ipswitch は、製品の問題を解決するためにお客様の製品を最新バージョンにアップグレードしていただくよう求める権利を有しています。 
  • Ipswitch では、サポート終了(EOL)フェーズにある製品の更新は行われなくなります。製品の欠陥が発見され、検証された場合、Ipswitch は回避策を提供するために最善を尽くしますが、サポート終了ソフトウェアのバージョン更新は行いません。Ipswitch では追加機能の開発は行われません。指摘された問題がより新しいバージョンか、関連する一般提供フェーズにある製品へのアップグレードによって解決される場合がありますので、それらのバージョンへの移行を推奨いたします。 
  • メジャー・リリース製品が4番目に古いメジャー・リリースになると、EOL フェーズが開始されます。たとえば、WUG 2018 Plus が GA になった場合、WUG 2018、WUG 2017 Plus、WUG 2017 はまだ GA フェーズにありますが、4番目に古いメジャー・リリースの WUG 2016 は EOL フェーズになります。
  • EOL フェーズは、一般提供フェーズの終了日の翌日から始まります。 
EOL-(1).png