7 19 2018

イプスイッチが、iMacros for Firefox 10 をリリース

定評のある Web 自動化ソリューションで、Firefox Quantum v56 以降をサポートします。インタフェースもより使いやすくなっています。

マサチューセッツ州バーリントン – 2018年7月19日 – セキュアなファイル転送とネットワーク監視を提供するソフトウェア会社であるイプスイッチ(日本法人:Ipswitch Japan 株式会社、東京都港区、代表者ウィリアム・アトリッジ)は、フリーウェア・エディションとパーソナル・エディションの両方で、iMacros for Firefox 10 をリリースしました。iMacros for Firefox 10 は Firefox Quantum v56 以降に対応可能で、インタフェースもオン・オフ可能なサイドバーなど、より洗練され使いやすくなっています。イプスイッチの iMacros は、世界で定評を得ている Web 自動化、データ抽出、Web テストソリューションです。

イプスイッチの Kevin Conklin 製品およびコンテンツ担当マーケティング副社長は、次のように説明します。「iMacros はどのウェブサイトでも使え、繰り返し作業を簡単に記録・再生できます。お客様、パートナー、フリーウェア・ユーザー、ベータテスターの皆様からの貴重なご意見をもとに、iMacros を Firefox v56 以降に対応できるようにし、インタフェースも最新のクリーンなデザインにアップデートしました。」

新しい iMacros は、色やアイコンが新しくなり、iMacros サイドバーをブラウザに付けたり外したりする機能が追加されました。クッキーをクリアするための CLEAR コマンドにドメイン名フィルタが追加され、!PLAYBACKDELAY コマンドもサポートします。他のコマンドでこれらのパスを参照するため、リードオンリーの !FOLDER_MACROS と !FOLDER_DOWNLOAD 変数をサポートし、SIZE、!IMAGEX、!IMAGEY といった画像認識特有のコマンドと変数もサポートします。

iMacros for Firefox 10 は、Firefox Quantum で導入された WebExtension API を使って完全に書き直され、Firefox v56 以降をサポートします。これは Chrome で使用されているのと同じAPIなので、Chrome 用 iMacros と多くの類似点があります。ただし、WebExtension API の実装はブラウザのベンダー(Google や Mozilla)によって異なるため、Firefox 用と Chrome 用の iMacros でサポートされている機能や機能はすべて同じではありません。

iMacros を使用すると、Internet Explorer、Chrome、Firefox などの主要なブラウザすべてでタスクを自動化できます。iMacros Web 自動化ソフトウェアはどのウェブサイトでも使え、繰り返し作業を簡単に記録・再生できます。

iMacros の詳細については、次のページをご参照ください: https://jp.ipswitch.com/web-browser-automation

 

*****

イプスイッチについて
イプスイッチのIT管理ソフトウェアは、複雑化するIT環境を中断させることなく運用するという重責を担うIT部門に、業務トランザクション、アプリケーション、インフラストラクチャを高い安全性でコントロールするためのツールを提供します。高機能で柔軟性に富み、使いやすいソフトウェアです。クラウド、仮想環境、ネットワーク環境での途切れないパフォーマンスでIT部門を支援します。マサチューセッツ州の本社のほか、米国各地、ヨーロッパ、アジア、中南米に拠点があります。詳しくはホームページ https://jp.ipswitch.com/ をご覧ください。