6 07 2018

イプスイッチの WhatsUp Gold と MOVEit がネットワークワールド・アジアの情報管理賞を受賞

イプスイッチのネットワーク監視ソリューションとセキュアなファイル転送ソリューションがアジアで認知され、高い評価を得ています。

マサチューセッツ州バーリントン – 2018年6月7日 – セキュアなファイル転送とネットワーク監視を提供するソフトウェア会社であるイプスイッチ(日本法人:Ipswitch Japan 株式会社、東京都港区、代表者ウィリアム・アトリッジ)が、ネットワークワールド・アジア(NWA)の情報管理賞を受賞しました。WhatsUp Gold は継続的なネットワーク監視ソリューション部門で、MOVEit は安全なファイル転送ソリューション部門で受賞しました。NWA情報管理賞は、2012年から、アジアで大きく飛躍したデータ管理、セキュリティ、およびストレージソリューションのプロバイダを表彰しています。

「今年の第7回情報管理賞は、ビッグデータ、IoT、サイバーセキュリティ、ハイブリッドクラウド、AIの急速な普及と適用の結果、高度化したエンドユーザー組織のニーズに対応して刷新を進めるソリューションとサービスのプロバイダーに授与されるものです。」と、ネットワークワールド・アジアのパブリッシャーである Questex Asia のエンタープライズグループ編集者 Victor Ng 氏は述べました。「NWAの情報管理賞は、地域の編集者とCIOが急成長している分野で選択し与えられる賞であり、誇るべき賞です。」

WhatsUp Goldを使用すると、クラウドでも、オンプレミスでも、ネットワークデバイス、サーバー、ストレージ、ワイヤレスのアップ/ダウン状況とパフォーマンスがひと目で把握できます。ネットワークトラフィック、アプリケーション、仮想環境、デバイス設定などのプロアクティブな監視機能も、インタラクティブなネットワーク・マップと使いやすいダッシュボードの直感的なインタフェースに統合されます。

WhatsUp Gold の最新バージョンである WhatsUp Gold 2018 では、Amazon Web Services や Azure サーバーなどのクラウド環境のパフォーマンス監視、Meraki クラウド・ベースの無線ネットワーク管理のサポート、Dell Compellent と Synology NAS ストレージデバイスの監視など、大幅な拡張が行われました。無料試用版へのリンクを含む詳細については、https://jp.ipswitch.com/network-monitoring をご覧ください。

イプスイッチの MOVEit は、ファイル転送アクティビティをすべて可視化し、コントロールするために、世界中の多くの組織に利用されています。中核となる業務プロセスの信頼性を保ち、機密性の高いデータを、パートナー、顧客、ユーザー、およびシステム間で、規制を遵守しつつセキュアに転送することが可能になります。最新バージョンの MOVEit 2018には、MOVEit Transfer と MOVEit Automation で利用可能なREST APIが追加され、サードパーティーのサービスやアプリケーションとの統合が強化されました。また、Windows と Mac システム向けの新しいドラッグアンドドロップ・クライアントが可能になりました。詳細は、https://jp.ipswitch.com/moveit をご覧ください。

授賞式は、2018年6月6日水曜日、シンガポールのマリオット・ホテルで行われました。詳細は、https://www.networksasia.net/IMA2018/ をご覧ください。
 

*****

イプスイッチについて
イプスイッチのIT管理ソフトウェアは、複雑化するIT環境を中断させることなく運用するという重責を担うIT部門に、業務トランザクション、アプリケーション、インフラストラクチャを高い安全性でコントロールするためのツールを提供します。高機能で柔軟性に富み、使いやすいソフトウェアです。クラウド、仮想環境、ネットワーク環境での途切れないパフォーマンスでIT部門を支援します。マサチューセッツ州の本社のほか、米国各地、ヨーロッパ、アジア、中南米に拠点があります。詳しくはホームページ https://jp.ipswitch.com/ をご覧ください。